【N響アワー】 プロメテウス 音と光で描く神秘の世界


今日のメニュー

スクリャービン:プロメテウス(火の詩) 作品60
  (【指揮】ウラディミール・アシュケナージ【ピアノ】ペーテル・ヤブロンスキー)

チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 作品74“悲そう”から第2・3・4楽章
  (【指揮】ウラディーミル・アシュケナージ)

感想

お、おおおお・・・・・・大河内さんじゃないー!!
1年で終わりですかー!? あああ・・・・・・(←ショック)。
髪型と服装を楽しみにしてたのになぁ。やっぱり池辺先生とタイミングが合わなかったのかなぁ。
次の司会はアナウンサーさん。やはり、アナウンサーさんは、安心して聞けますね。

スクリャービン:プロメテウス(火の詩) 作品60
ぼけーとして聞いていたら、なんかピアノの音に引き込まれてしまいました。
光とオーケストラってなんかいいなぁ。
うごめくような雰囲気が、倍増して。霧のたちこめる森の中にいるような気分になりました。
もう、一つの劇ですね。鳥肌!

チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 作品74“悲そう”から第2・3・4楽章
チャイコフスキーは綺麗だなぁ。って、この曲の第2楽章を聞くたびに思います。
そっと触れて転がすような第2楽章だなぁとか思いました。
第1楽章と第4楽章。第2楽章と第3楽章の雰囲気の違いって、第4楽章でガツーンと来る原因ですかね。
第3楽章とかすごく楽しそうだもんなぁ。
好きなんです。第3楽章のスピード感とウキウキ。クラリネットの可愛いところとか、にんまりしちゃうもんね。
で、第4楽章の最後。毎回毎回息を止めて聞いてしまいますね。

本日の曲/指揮者のCD紹介(N響以外/Amazonより)

プロメテウス&アシュケナージ
スクリャービン:交響曲第1番
スクリャービン:交響曲第1番

指揮: ウラジミール・アシュケナージ
演奏: ベルリン・ドイツ交響楽団, ペーテル・ヤブロンスキー

悲愴
チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番「悲愴」
チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番「悲愴」

指揮: エフゲニ・ムラヴィンスキー
演奏: レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
結構好きな響きのある盤です。第4番とかも素敵ですよ。

ペーテル・ヤブロンスキー
葬送ソナタ~ショパン:作品集
葬送ソナタ~ショパン:作品集

演奏:ペーテル・ヤブロンスキー
このCDを選んだのは、個人的趣味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352