【N響アワー】 忘れられないタクト 縲鰀 N響が語る名指揮者たち


今日のメニュー

ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98 から 第1楽章
  (1995年10月14日 【指揮】アンドレ・プレヴィン)

ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」 序曲
  ( 2002年6月28日 【指揮】ネルロ・サンティ )

ベートーベン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67 「運命」 から 第1楽章
  (1999年2月6日 【指揮】スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ)

ベートーベン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 から 第1楽章
  ( 2002年6月28日 【指揮】ハインツ・ワルベルク)

感想

今日は、ゲストにオーボエの茂木さんが来られてました。
本も面白いけど、お話も面白いですね。

ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98 から 第1楽章
ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」 序曲
町内のコンサートに行ってた為、ちょっと見れませんでした。
また後日、感想をアップします。

ベートーベン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67 「運命」 から 第1楽章
2004年とは違う雰囲気。2004年よりはちょっと固めかな。
2006年のコンサートは、もっと緊張感があってドキドキしました。
でもでも! やっぱりゾクゾクゾクゾクします。
最後の最後のホルン(かな?金管)の爆発はとても残念でしたが、あとは、うっとりと聞けました。
第1楽章の最後のあの盛り上がりを、あれだけ気持ちよく聞かせてくれる指揮者さんは、他に知りません。
ああ、本当。大好きです。

ベートーベン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 から 第1楽章
あ、なんかかわいいですね(笑)。
音の粒もなんかやさしい感じがします。
こんな曲だっけ、「英雄」。なんか、ベートーベンという感じがしないなぁ。
優しいベートーベン?
だけど、ハインツさんのあの楽しそうな顔が素敵で、やっぱり優しい気持ちで聞いてしまいました。
曲の差なんだろうケド、スクロヴァチェフスキのN響とワルベルクのN響が並ぶと、なんか、緊張感が違いますね。
いや、曲の差なんでしょうが。
しかし、「英雄」の第1楽章って、こんなに幸せな気持ちになる曲だったんですね。面白い発見です。
そして、ホルンが松崎さんv 素敵v

今日の池辺先生

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

「運命」&スクロヴァ
ベートーヴェン:交響曲第5番&第6番
ベートーヴェン:交響曲第5番&第6番

指揮: スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
演奏: ザールブリュッケン放送交響楽団
私、オススメCD。スクロヴァは運命もいいけど、田園もいいっす!!

英雄
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

指揮: パーヴォ・ヤルヴィ
演奏: ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
ワルベルクの英雄がなかったので、最近気になってるパーヴォ・ヤルヴィさんのを・・・。
英雄はいまいち、好きな盤がありません。

茂木 大輔
オーケストラ楽器別人間学
オーケストラ楽器別人間学

茂木 大輔 (著)
出版社: 新潮社
この本、面白くて大好きです。普通に読んでも「強引だなぁ(笑)」って思っちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352