【N響アワー】 オーケストラ入門 特別編


今日のメニュー

ラヴェル:ボレロ
 (1999-12-1 【指揮】シャルル・デュトワ )

ベートーベン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 から第4楽章
 (2006-9-27 【指揮】ウラディーミル・アシュケナージ )

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14 から 第2楽章 「舞踏会」
 (2003-4-11 【指揮】シャルル・デュトワ )

感想

オーケストラの裏側が見える今回の放送、おもしろかったです。
ライブラリアンってすごいな縲怐B

質問の中で、ほほうと思ったのは・・・・・・
「楽譜をめくるときに音量が減らないのは何故ですか?」
外側の人が無意識に音量を増やしたり、少しずつずらしてめくるようにしているらしいです。

というか、みなさんの質問がおもしろいですね縲怐B

ラヴェル:ボレロ
ボレロは、あまり好きな曲ではないのですが、シャルル・デュトワのボレロは、結構好きです。
というか、デュトワさんとラヴェルの組み合わせって、華やかで好きです。
これぐらい鮮やかな響きなら、ボレロも退屈せずに聞いていられるんだなぁと思います。

ベートーベン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 から第4楽章
演技をされているような指揮ですね。おもしろいなぁ。
ベートーヴェンの英雄は、名前つきで有名なのだけども、あんまり印象に残らないんだなぁーという気がします。
第2楽章が好きなので、いきなり第4楽章だと、ちょっとつまんないなーと思ってしまいます。

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14 から 第2楽章 「舞踏会」
うーん。なんで、シャルル・デュトワさんが指揮すると華やかになるんでしょうねぇ。華やかで、そして、決して崩れない品があります。
曲がそんな感じの曲だからってのもあるかもしれませんが、本当に舞踏会を見ているような思いになります。
そして、デュトワさんの指揮自体がとてもスマートでカッコイイんだなぁ。汗をかいておられても。

本日の曲/指揮者のCD紹介/本の紹介(Amazonより)

ボレロ&デュトワ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集

指揮: シャルル・デュトワ
演奏: モントリオール交響楽団, ティモシー・ハッチンズ

幻想交響曲&デュトワ
ベルリオーズ:幻想交響曲
ベルリオーズ:幻想交響曲

指揮: シャルル・デュトワ
演奏: モントリオール交響楽団

オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門
オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門
オーケストラの読み方

池辺 晋一郎 (著)
出版社: 学研
おもしろそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352