【N響アワー】 最近の演奏会から


今日のメニュー

チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
 (2007年2月16日 【指揮】ウラディーミル・アシュケナージ)

シグルビェルンソン:スマルトーナル〈2006〉 から 第1曲「逍遥」, 第4曲「サーカスと6月17日」
 ( 2007年2月21日 【指揮】ウラディーミル・アシュケナージ)

感想

チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

第2楽章のホルンソロは、落ち着いた優しさがあって、素晴らしかったです。もっとメロメロなタイプを想像していたのですが。

全体的な感想としては、
アシュケナージさんが指揮する「チャイ5」は、きっと「とってもロマンティック!」と想像していたのですが、想像とは違いました。
変な話、とっても「人間っぽいなぁ」と思いました。
朗々としている、とは真逆の印象です。
必死で作り上げている、どちらかというと汗の飛び散る、または大変力が篭っているという印象がしました。
力が篭ってる演奏ってのは、悪くはないのですけど・・・・・・なんていうか・・・・・・今回の演奏は聞いていてしんどかったです。

多分、金管が。金管とその他とのバランスが、好みではないんだ。単に私の好みの話だと思うんですよ。
やっぱりこの曲は、第4楽章の金管でがっかりすることが多いんだなぁ。
フィラデルフィアのときもそうだったよ・・・・・・。

いや、でも、第2楽章のホルンソロは、よかったから! とってもよかったから!!

シグルビェルンソン:スマルトーナル〈2006〉 から 第1曲「逍遥」, 第4曲「サーカスと6月17日」

お、サックスがいる。と思いながら。
6月17日がみょうにひっかかると思ったら、友達の誕生日だった。
まぁ、そんなこともおいておいて。
風船割ってる!!

まぁ、そんなこともおいておいて・・・・・・と思っていたら、曲が終わりました。

なんともユニークな・・・・・・最近の曲っぽい曲でした。

今日の池辺先生

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

チャイ5&アシュケナージ
チャイコフスキー:交響曲第5番&幻想序曲「ロメオとジュリエット」-CD&SACD HYBRID-

指揮: ウラディーミル・アシュケナージ
演奏: フィルハーモニア管弦楽団

チャイ5
チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番「悲愴」
チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番「悲愴」

指揮: エフゲニ・ムラヴィンスキー
演奏: レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
私的1番の見つからないチャイ5だけど、とりあえずはこれをオススメします。2楽章のホルンソロが美しいです。

チャイ5
チャイコフスキー:交響曲第5番
チャイコフスキー:交響曲第5番

指揮: レナード・バーンスタイン
演奏: ニューヨーク・フィルハーモニック
バーンスタインのチャイコフスキーは聞いたことないので、ちょっと興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352