ニールセン:交響曲第4番『不滅』


のだめカンタービレ第17巻・千秋先輩指揮のマルレ定演の演目です。
ニールセンという作曲家の名前を聞いたのは初めてだなーなんて思いながら、さっそく買ってみました。
第1次世界大戦中の曲というのもあって、「近代の曲かぁ・・・・・・」なんてあまり期待してなかったんですよ。
そうして聞いてみたらなんとまぁ、カッコイイのなんのって。

wikipediaでは(該当ページはこちら作曲者自身はデンマーク語で “Det Uudslukkeligge” という副題を与えたが、これは日本語で「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」といった意味である。日本では、その意訳にあたる「不滅」という副題で知られている。とあるけど、「不滅」と「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」ではニュアンスが違うと思うし、「不滅」よりも「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」の法が、意志の強さを感じてこの曲にはぴったりだと思います。

もちろん、この曲がそういうものをあらわしているか、この曲を聞くとそれを感じ取ることができるか?と聞かれると、具体的に、「ここのあのメロディが」とか「ここの響きが」と説明できないんですけども。
この曲にエネルギーを感じますし、口ずさめるようなメロディ(『家路』とかそういうのって、口ずさめますよね)がなくても、「なんか、好き」で強烈に惹かれるのです。
そして、作曲者の気持ちがその題名に込められているということを思い出すと、涙が出そうになります。

最初は、「怒り」なのかなぁと思っていたんです。
全ての生き物は「生」に向かい命を繋いでいくのに、それを滅す「戦争」やそれを行わせる「信念」「権力」というものを持った「人間」・・・・・・いや、人間というより「生」に反させる「意志」に対する怒りなのだなぁと、私なんかは単純に思ってしまうのです。(その「意志」をもつのは「人」なのですが)
それを「生」に一番よく似た「音楽」に託した響きなのかなと、思ったりします。

私は「死」が怖いです。そして、それをもたらすあらゆるもの、特に「人」というよりは「生命としての人」の意義を簡単に奪うあらゆる事象が恐ろしいです。
だから、「生命」に似た「音楽」が好きなのかもしれません。

でも、何度か聞いているうちに「怒り」とか「悲しみ」とかそういうものも関係ないのかなぁと思うようにもなりました。
ただこの音楽のそこに響く「存在」というものが、個々の人の気持ちに沿うことで、いかようにもとれるのかなとも。

今の私に聞こえるこの音楽は、
人のあらゆる感情からくる矮小さと、そこからくる悲しみと怒りを超越した何かであってほしいという願いの先にある響きなのかな。

んー。なんだかよくわからないことを言いましたが、私はこの曲が大好きってことです!

(2007.6.9 記)

聴いたCD

ニールセン:交響曲第4番「不滅」 交響曲第3番「ひろがり」 [Import]

ニールセン:交響曲第4番「不滅」 交響曲第3番「ひろがり」 [Import]

演奏:BBCスコットランド響 BBC Scottish Symphony Orchestra
指揮:オスモ・ヴァンスカ Osmo Vanska

C. ニールセン:交響曲第3番 ニ短調 「広がり」 Op. 27
C. ニールセン:交響曲第4番 「不滅」 Op. 29

最初に聞いたCDによってその曲を好きかどうかが決まってしまうってことがあるんだなと最近思います。
たとえばベートーベンの第5番「運命」なんて、随分長い間嫌いだと思っていました。しかし、とある演奏に出会ってから大好きな曲になります。
だから、最初に聞くCDとの出会いはとても貴重だと思います。何度もいろんな演奏を聴いてみようと思わない限りは。
そういう意味でニールセンという作曲家の交響曲に触れるのさえ初めてな私にとっては、このCDを選べたことは、幸せだったなと思います。
私好みの集中した乱れのない演奏だと感じました。知的さがあるなぁと感じました。
変なドラマティックさはこの曲には似あわないと思います。抑えかたも広がりも、胸掻き毟るような強い響きも全てが好みです。
第3番も最高でした!(2007.6.9 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

ニールセン:交響曲全集

指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット 演奏: サンフランシスコ交響楽団
随分前から私のショッピングカートに入っている一品です。さっさと買えよって感じですが、現在CDを買い控え中。買ったらレビューに書きます。N響と演奏したブラームスの交響曲を聴いてから興味津々のブロムシュテット。

ニールセン:交響曲「広がり」
ニールセン:交響曲「広がり」

指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット 演奏: NHK交響楽団

Carl Nielsen: Symphony No. 4 \”The Inextinguishable\
Carl Nielsen: Symphony No. 4 [The Inextinguishable]

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏: ベルリン・フィル

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2007年
探し中です。情報がありましたら、是非教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352