【N響アワー】写真家・堀田 正矩


今日のメニュー

ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15 から 第1楽章
  (1998年3月28日 【ピアノ】ブルーノ・レオナルド・ゲルバー 【指揮】シャルル・デュトワ)

ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67 から 第1楽章
  (1996年9月18日 【指揮】ヘルベルト・ブロムシュテット)

ヨハン・シュトラウス:ワルツ「春の声」
  (2006年7月21日 【指揮】ヤコフ・クライツベルク)

ベートーベン:交響曲 第7番 イ長調 作品92 から 第4楽章
  ( 2004年11月13日 【指揮】ウォルフガング・サヴァリッシュ)

感想

ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15 から 第1楽章

ブラームスのピアノ協奏曲を聴くのは初めてです。
とても綺麗なオーケストラの曲だなーと思いました。
オーケストラ主体で聴いてしまった。あまりにも綺麗なメロディだったので。
ピアノ協奏曲って、いつもピアノではなくてその裏のオーケストラを聴いてしまう。
優しい感じがするので。
っていうか、とことんオーケストラが好きなんだなぁ。

ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67 から 第1楽章

最近、好きなんですよね。ヘルベルト・ブロムシュテットさん。
第5番は、スクロヴァチェフスキの指揮のが一番好きなのですが、この第5番は結構好きかもしれません。
なんか、一部分に強いエネルギーを感じて、それが胸を打つ感じ。
ちょびっとだけ鳥肌立ちました。

ヨハン・シュトラウス:ワルツ「春の声」

んー。冒頭、美しくない音が聞こえて、それに気が散る。
この手の曲は、美しい響きを保っていただきたいものだ。
何の音だろう? トロンボーンかなぁ。
弦も夢見るような響きではないかなぁ。
そして、相変わらず面白い指揮をする方だなぁ。
あれ、これ6月17日のN響アワーでは「美しき青きドナウ」が放送されたときのコンサートのものですね。
そのときは大絶賛してるけど、こっちの曲は音の荒さがちょっと気になりました。

あれ? 司会者「美しき青きドナウ」って紹介しなかった? あれ?

ベートーベン:交響曲 第7番 イ長調 作品92 から 第4楽章

いつも聞く第7番よりもゆったりとした気持ちで聞けました。
落ち着いた第4楽章でしたね縲怐B
それでも、最後の響きは気持ちが良かったです。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

第5番&ブロムシュテット
ベートーヴェン:交響曲第1番・第5番「運命」
ベートーヴェン:交響曲第1番・第5番「運命」

指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット
演奏: シュターツカペレ・ドレスデン

ブラームス ピアノ協奏曲第1番
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

指揮: カール・ベーム
演奏: マウリツィオ・ポリーニ, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
すごい組み合わせだな。

ベートーヴェン 第7番
ベートーヴェン:交響曲第5&7番
ベートーヴェン:交響曲第5&7番

指揮:カルロス・クライバー
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
第5番は私的にイマイチだけど、第7番はこれが一番好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352