【N響アワー】モダンな音楽への挑戦


今日のメニュー

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」 から 「いけにえの踊り」
  (2006年9月13日 【指揮】外山 雄三)

プロコフィエフ:スキタイ組曲「アラとロリー」 から「邪教の神、そして悪の精の踊り」
  (1990年9月12日 【指揮】外山 雄三)

プロコフィエフ:古典交響曲 作品25
  (2007年1月12日 【指揮】シャルル・デュトワ)

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「カルタ遊び」
  (2001年10月18日 【指揮】ウォルフガング・サヴァリッシュ)

感想

プロコフィエフ:古典交響曲 作品25
池辺先生の説明では、
第3楽章のガボットは交響曲としてはないことで、それが珍しくあそびごころが溢れているんだそうです。

この曲、結構好きです。
短くて、結構気楽に聞ける長さですしね。現代音楽といいつつも古典的な曲を作ったのがオシャレ、という風に解説には書いてあったけど、本当、こういう音楽を今でも作る人はいらっしゃらないのでしょうか。
最近の人が作曲すると、なんか、よくわからない抽象的な曲が多くて。
映画音楽やアニメの音楽の方が、結構分かりやすくて好きなんですよね。
というか、映画音楽だからとかアニメ音楽だからとか、枠にはめて考えなければいいだけの話か。

でも、だからといってNHK交響楽団がファイナルファンタジーの曲をやったりはしないよね(^-^;)

第3楽章は舞踏会のようですね。ワルツではないけど。

第1楽章と第4楽章はなんとも言えない疾走感が爽やかで気持ちがいいです。
だけど、第4楽章はもっと刻みが細かく、くっきりクリアなほうが好みかもしれません。もっとワクワクできそうです。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「カルタ遊び」
「カルタ遊び」というのは、ポーカーのことらしいです。
ストラヴィンスキーはポーカーがダイスキで、それをバレエにまでしてしまったとか。

池辺先生曰く、「サヴァリッシュがこの曲を取り上げるのは、面白い」とのことです。

なんだか、どの筋を捕えたらいいのかわからないんだけど、ときどきキラキラしている響きに出会うと、ちょっと胸ときめく感じの曲です。

ストラヴィンスキーの音楽って、なんか、どっか魔法みたいな感じがしますね。
「あ、魔法みたいにキラキラ」と思う作曲家さんは、今のところラヴェルとストラヴィンスキーです。
なんか、この曲を聞いているとラヴェルの「ラ・ヴァルス」を聞いていたときと同じような気持ちになるんです。
不思議。

まぁ、でも、なんというか。
どのあたりがポーカーなのかは、私にはわかりませんでした(^-^)。
真剣だったり、妙に緊迫感あったり、でも、ときどき急に気だるくなったりするところでしょうか。

ときどき現れる不協和音に、どきっとさせられる感じが結構好きです。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

プロコフィエフ
プロコフィエフ:作品集
プロコフィエフ:作品集

演奏:ヨーロッパ室内管弦楽団
指揮: クラウディオ・アバド

古典交響曲&デュトワ
プロコフィエフ/交響曲第1番ニ長調
プロコフィエフ/交響曲第1番ニ長調

指揮: シャルル・デュトワ
演奏: モントリオール交響楽団

カルタ遊び
ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」
ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」

指揮: サー・ゲオルグ・ショルティ
演奏: シカゴ交響楽団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352