【N響アワー】ストーリーのある音楽


今日のメニュー

デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
  (2007年6月13日 【指揮】ウラディ竏茶~ル・アシュケナージ )

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
  (2007年9月29日 【指揮】モーシェ・アツモン)

ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」
  (2004年7月23日 【指揮】ウラディ竏茶~ル・アシュケナージ )

シベリウス:交響詩「四つの伝説」 から 「トゥオネラの白鳥」
  (2000年7月28日 【指揮】サカリ・オラモ)

感想

デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
おもしろい曲ですねー。
聞いていて、はっきりとした音とか刻みとかにどきどきします。
そして、だんだんわくわくしていきます。
曲もちょっと合わなくなったら崩壊しそうなどきどき感が。
N響にそんなことはないと思いますが、ちょっと「のだめ」の「決壊」を思い出してしまいました・・・・・・。

しかし、この曲を聞くと「アダムス・ファミリー」を思い出します。
これを元にしているのではないだろうか・・・・・・。

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
「のだめ」でもおなじみの曲だなぁと思いながら聞きました。
ティルというのは、14世紀に実在した人だという説もあるそうな。
様々なティルのいたずらが曲になってます。
ホルンの奏でるティルのテーマが、とても印象的で、ちょっと吹いてみたいなぁと思いました。
気持ちいいだろうなぁ。

N響アワーでは解説流しながら聞かせてもらいましたが、わかりやすくて面白いですね。
しかし、本当にひどいいたずらをしていたんだね・・・・・・ティル・・・・・・。

解説がなくても、本当ころころと変わる楽しい曲でした。
曲と曲の間が、からっと変わるのはすごいよなーと思ってしまう。本当に一瞬にして、からっと。

裁判に掛けられるシーンのトロンボーンの重々しい音の間に入る、クラリネットが奏でるティルのテーマがお気に入りです。

最後に死刑にかけられてしまう、ちょっと辛いお話なんだけども、「そんな話もあったんだよ縲怐vみたいな締めくくられ方に苦笑してしまいました。
そういうところが面白い!

ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」
聖ヨハネス祭前夜には、怪異が起こる。魔物たちの饗宴の様子だそうです。

いやーこの曲がどうとかではなくて、この邦訳の題名がいかんと思うんだ。
初めて聞いたのは中学生の時。この曲の印象自体も強烈だったのもあって、「はげ山の一夜」の「はげ」という部分が頭に刷り込まれてしまって。
未だにこの曲を聞くと「はげ」というところが強調されて思い出されてしまうんですよ・・・・・・。
だから、なんとなく私の中ではどんなにシリアスな演奏でも「コメディ?」って思えてしまう。ああー中学生のときの呪縛って、絶対消えないよね・・・・・・。

今回の演奏で思ったのは、もっとどっしり来て欲しかったなぁと思います。
微妙にバラバラ? ガツンとこない。

もっとそろえてガツン!と来るものがあってもいいと思うんだけどなぁ。
壁を越えてこないうずうず感が。今ひとつはちきれない何かが。

鐘が鳴って、魔物がいなくなってからの演奏の方が、よっぽど安心して聴けました。
フルートが素晴らしい!!

シベリウス:交響詩「四つの伝説」 から 「トゥオネラの白鳥」
英雄の叙事詩を下に作られた曲だそうです。
私、ずーっと「白鳥の湖」系だと思っていました・・・・・・。
聞くたびに、とても哀しくてとても美しくて、暗く静かな湖にいる一羽の白鳥を思い浮かべてしまうから。

美しい娘に求婚をした英雄は、結婚の条件に難題を持ちかけられる。
この世とあの世を結ぶトゥオネラ川の白鳥を射ること。

そんな話を聞いてこの曲を聞くと、入り込んではいけない領域に来た心細さを感じてしまいます。

サカリ・オラモさん。一度、この方のシベリウスを生で聞いてみたいと思っています。
最近よく日本にも来られて、よく演奏されてますよね。
今日聞いた演奏も、透明感があって、とても美しい静けさを楽しませていただきました。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

魔法使いの弟子
天国と地獄縲怎Aンセルメ/フランス音楽コンサート
天国と地獄縲怎Aンセルメ/フランス音楽コンサート

指揮: エルネスト・アンセルメ
演奏: スイス・ロマンド管弦楽団
「天国と地獄」も入っている、ちょっとユニークなラインナップかも。

ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

演奏:ドレスデン・シュターツカペレ
指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット

はげ山の一夜
はげ山の一夜/ロシア名曲集
はげ山の一夜/ロシア名曲集

「はげ山の一夜」は・・・・・・
演奏:ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
指揮: ジュゼッペ・シノーポリ
「中央アジアの草原にて」や「スペイン奇想曲」など、かなり好みのラインナップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352