【N響アワー】もっと知りたい!  縲鰀 第2バイオリン


今日のメニュー

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 序曲
  (2007年9月8日 【指揮】アンドレ・プレヴィン )

スメタナ:歌劇「売られた花嫁」 序曲
  (1994年7月29日 【指揮】イルジー・コウト)

モーツァルト:ディヴェルティメント K.136 から 第1楽章

ドボルザーク:チェロ協奏曲 作品104 から 第3楽章
  (1997年3月1日 【チェロ】ミクローシュ・ペレーニ  【指揮】イヴァン・フィッシャー )

モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 から 第1楽章
  (2006年11月5日 【指揮】ロジャー・ノリントン)

感想

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 序曲
プレヴィンさん、お年を召されたなぁ・・・・・・と思ってしまいました。
ときどき見せる笑顔が素敵。

さて第2バイオリンに注目してみると、面白いですね。
私がもしオーケストラで何かを演奏するとしたら、第2バイオリンではないかと思ったりします・・・・・・。
メロディとかは少なそうだけど、でも、なんか、繋ぎって感じで面白そうだなぁ。

スメタナ:歌劇「売られた花嫁」 序曲
あ、この曲そういう題名なんですね。結構好きな曲なんです。
でも、どこで頻繁に聞くんだろう・・・・・・。
細かくて早い刻みがとても好きです。
来るか来るか来るか・・・・・・来たー!!
という感じがたまらないです。

モーツァルト:ディヴェルティメント K.136 から 第1楽章
面白い試みを聞かせていただきました。

そして、アンサンブル。ちょっといいですね。
あんまりアンサンブルって好んで聴かないんですけど、カルテットにちょっとワクワクしてしまった。
そして、ちょっと気になっていた第1バイオリンの方(コンマスの隣に座ってることが多い方)の名前がわかって、チョット幸せv

ドボルザーク:チェロ協奏曲 作品104 から 第3楽章
私が良く聞くこの曲は、冒頭が結構攻撃的な演奏であることが多いので、柔らかい弾き方にハっとしました。
ずっと私はこの曲は、絶望との戦いと勝利のように感じてたけど、この演奏ではそう思わなかった。
すごく近くに感じられる柔らかさというか。変な話、「許してもらえた(何から?)」みたいな気持ちになってしまいました。
ほっとする。
むしろ、オーケストラのほうがアグレッシブ・・・・・・な感じがしたのは気のせいでしょうか。
だからか、オーケストラの音抜きで曲を聞きたいとかいう、とんでもないことを感じてしまいましたよ。
小品集とか出しておられないかしら・・・・・・。

モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 から 第1楽章
穏やかでねむくなる優しさ。
このまま眠ってしまったら気持ちいいだろうなぁと考えながらモーツァルトを聞く至福の時間でした。

今日の池辺先生

第2バイオリンが滅多に旋律を弾かないことを話題にして
「旋律を弾くと背中が戦慄する・・・・・・嘘ですよ」

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

売られた花嫁
運命の力縲怎Iペラ序曲集
運命の力縲怎Iペラ序曲集

指揮: アルトゥーロ・トスカニーニ
演奏:NBC交響楽団

ノリントン&モーツァルト

モーツァルト:ディベルティメント K.136他

指揮: サー・ロジャー・ノリントン
オーケストラ: ザルツブルグ・カメラータ・アカデミア
意外にないんだなぁ・・・・・・ノリントンさんのモーツァルト

ミクローシュ・ペレーニ
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

指揮: イヴァン・フィッシャー, ジェルジ・レーヘル
演奏: ミクローシュ・ペレーニ、 ブダペスト祝祭管弦楽団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352