【N響アワー】マリナーのブラームス


今日のメニュー

ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98
  (2007年10月24日 【指揮】ネヴィル・マリナー )

感想

ネヴィル・マリナーさんは御歳83歳の巨匠です。(スクロヴァチェフスキと同年?)
マリナーさんの師匠がビオラ奏者で、ブラームスと一緒に室内管弦楽をやってたというエピソードを聞いて、ブラームスってそう遠くない人なんだなぁなんておもってしまいました。
クラシックって古そうに思えるけど、そんなに古くもないんだ。きっと・・・・・・

ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98
奏でる音がどこまでも美しいことに、願いを込められたような演奏だなぁと思いました。
特に弦の音が本当に切なくて、胸が締め付けられました。涙浮かんでしまいましたよ。
どうしようもない切なさがあるんだけど、でも、どこまでも美しいんですよね。
なんとなく。いつもブラームスの2番以降を聞くと「メロドラマやな縲怐vって思うのですが、この演奏を聴いていると、大人の愛だなぁと思ってしまいました。何故でしょう・・・・・・。

第2楽章のホルンがすごく好きです。丁寧で、美しく、周りにちゃんと溶け込んだ素敵な音でした。

しかし、なんてお元気な指揮ぶりでしょう! クリアで、キレがあって、かっこいい!!

インタビューで印象的な言葉(うろ覚えなので、ニュアンスしか合ってないと思いますが)

「モントゥー(マリナーの師)は亡くなる前にこういいました。『天国に行ったら、ブラームスに交響曲のことで謝らなくてはならない』。作曲家の意図に答えられたと自信の持てる指揮者はいません」

「音楽家は平凡な生活はできません。演奏をしているときは常に感情の起伏にあい、演奏をしていないときは『グレーゾーン』で常に音楽のことを考えています。音楽家はつねに結果を得られます。『このために生まれてきたのだ』という実感に出会うことができます」

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

ネヴィル・マリナー
チャイコフスキー:弦楽セレナード/ドヴォルザーク:弦楽セレナード/シベリウス:悲しきワルツ
チャイコフスキー:弦楽セレナード/ドヴォルザーク:弦楽セレナード/シベリウス:悲しきワルツ

指揮: サー・ネヴィル・マリナー
演奏: アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
とても切なく美しい第4番だったので、この曲もさらに美しいのでは縲怩ニ思いました。

ブラームス 交響曲 第4番
ブラームス : 交響曲 第4番 ホ短調 作品98
ブラームス : 交響曲 第4番 ホ短調 作品98

「アマデウス」
アマデウス オリジナル・サウンドトラック盤(ディレクターズ・カット版)
アマデウス オリジナル・サウンドトラック盤(ディレクターズ・カット版)

ネヴィル・マリナーさんが音楽担当だということで・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352