【N響アワー】最近の演奏会から


今日のメニュー

プフィッツナー:バイオリン協奏曲 ロ短調 作品34
  (2007年12月12日 【バイオリン】ライナー・キュッヒル 【指揮】下野 竜也)

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「死と変容」 作品24
  (2007年12月12日 【指揮】下野 竜也)

感想

ウィーン・フィルのコンサートマスター、 ライナー・キュッヒルさんを迎えてのバイオリン協奏曲。また、最近ちょっと興味のある下野 竜也さん指揮ということで期待して聞いていたのですが・・・・・・。

ちょっと調べてるうちに知ったのですが、キュッヒルさんの奥様は日本人なんだそうです。

プフィッツナー:バイオリン協奏曲 ロ短調 作品34
聞きなれない作曲家のバイオリン協奏曲だからか、今ひとつのめりこめませんでした。
オーケストラがちょっとバラバラした感じで、バイオリンのソロでせっかく作った集中力が、オーケストラが入った瞬間にぱーっと分散するような気持ちになっちゃったです。
何故だろうなぁ・・・・・・。
なんとなく、バイオリンだけ聴いていたいなぁって思っちゃった。

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「死と変容」 作品24
オーボエとバイオリンとフルートとソロが続いて登場するところに、はっとしてしまった。とても美しい!! とくにフルート、なんであんなに美しい音が出るんだろう・・・・・・光のような音です。ほろっと泣きそうになります。

しかし、やっぱり大盛り上がりのところは、どうしてももう一歩な気持ちになってしまう。すごくいい感じで盛り上がるのに、なんか、金管が・・・・・・金管の音がちょっと気になるんですよ。何故だろう・・・・・・。とっても怖い。不安。

他のところは、すごーく気持ちよく聞けるのに、金管が大音量を出し始めた瞬間、ハラハラドキドキ。
それでいいの?大丈夫? って、思いながら聞いてることにイライラしてしまいました。

後半の弦楽器の美しいメロディ部分はすごくよかったのにな。木管はめっちゃ綺麗だし、金管も普通に吹いている分には全然綺麗なのに。

金管の大音量が必ずしも悪いってわけではないし、割るのが悪いわけじゃないんですよ。
大きな音で割ったときに、和音の響きが美しくなくなって、統制が取れてない一音がぶわーんと飛びぬけたときに、めっちゃ不安になってしまうんですよね。その不安感が自分の中での不協和音になって、気持ちよく音楽を楽しめなくなる。
そんな感じでしょうか・・・・・・。

指揮の丁寧さとか熱心さとかは、見ていてすごく心ときめくのですけど・・・・・・。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

ライナー・キュッヒル
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

演奏: ライナー・キュッヒル

ブルックナー:交響曲第0番
ブルックナー:交響曲第0番
ブルックナー:交響曲第0番

指揮: 下野竜也 演奏:大阪フィルハーモニー交響楽団
何故ブルックナー?って感じかもしれませんが、あまり下野さんのCDが探せなかったので。

交響詩「死と変容」
R.シュトラウス:死と変容
R.シュトラウス:死と変容

指揮: ジョージ・セル
演奏: クリーヴランド管弦楽団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352