【N響アワー】一人二役 シェレンベルガーの妙技


今日のメニュー

モーツァルト:交響曲 第40番 ト短調 K.550
モーツァルト:セレナード 変ロ長調 K.361 から第1楽章, 第3楽章, 第7楽章
  (2008年2月20日 【指揮 / オーボエ】ハンスイェルク・シェレンベルガー )

感想

モーツァルト:交響曲 第40番 ト短調 K.550
ちょっといろいろな作業をしつつでしたので、あんまりじっくりは聞けていませんが、音の伸びが爽やかなモーツァルトだなぁと思いました。
モーツァルトの指揮って、もっとあっさり風なイメージがありますが、シェレンベルガーさんの指揮は、とっても熱心な感じがしました。
爽やかな演奏で、私はこういうモーツァルトも大好きですね。

モーツァルト:セレナード 変ロ長調 K.361 から第1楽章, 第3楽章, 第7楽章
こういう編成でのホルンって、すごいなーと思ってしまいます。
しかし、ホルン4本ってのが。

いやー。なんだか知りませんが、オーボエよりもファゴットが気になりました。
正直言いますと、聞いていて途中で退屈してしまいました。
ああいう編成の演奏は、好きなんですけど、なんだか、どうも今ひとつのめりこめない感じです。
ちょっとハラハラした感じでしょうか?
うーん。私の中では、あと少し何かが噛み合わなかったです。

今日の池辺先生

バセットホルンが低い音が出るクラリネットなんだけど、バスほどではなくて・・・・・・と説明されていて
「バスではなくて、マイクロバスみたいな・・・・・・。つづりは違うけど」

池辺先生。自分でフォローしちゃった・・・・・・。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

シェレンベルガー
夜想曲~シェレンベルガー&ジュス/デュオ・リサイタル
夜想曲~シェレンベルガー&ジュス/デュオ・リサイタル

演奏: シェレンベルガー(ハンスイェルク), ジュス(マルギット=アンナ)

グラン・パルティータ
モーツァルト : セレナード第10番 変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」
モーツァルト : セレナード第10番 変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」

指揮: ブリュッヘン(フランス)
演奏: 18世紀オーケストラ団員, エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団

交響曲 第40番
モーツァルト:交響曲第40番/第41番「ジュピター」
モーツァルト:交響曲第40番/第41番「ジュピター」

指揮: カラヤン(ヘルベルト・フォン)
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352