ベートーヴェン:交響曲第4番


『のだめカンタービレ』17巻より。定期演奏会で千秋先輩がちょっと・・・・・・だった曲。

ベートーベンの交響曲について本を読んだりネットで調べたりしていると、交響曲9曲のうち、「奇数は男性的で偶数は女性的」というようなフレーズを目にすることがあります。
確かに「運命(5番)」と「田園(6番)」と「第九のコーラス」ぐらいしか聞いたことのなかった昔は「なるほどな」なんて思っていました。
しかし、この4番を聞いたときに「そうとは言えないな」と思いました。(もしかしたら、スクロヴァチェフスキ氏の指揮するベートーベンになじんでしまったから、そう思えるのかもしれないとも思うのですが・・・・・・)

この曲はかなりカッコイイです。マイナーだから・・・・・・と思っていたのですが、さすがベートーベンといいましょうか、やっぱりベートーベンといいましょうか。

名前付きじゃないからって聞かないのはもったいない!!

ちょっと静かな第1楽章の冒頭から、しばらく経っての盛り上がりからがとてもかっこよいのですよ。
そこからは、抑えて、盛り上がって、抑えて、盛り上がっての繰り返しにいつのまにか、はまってる。その感覚が面白いです。

第4楽章にかけての雰囲気も大好きです。それがあの疾走感のある第4楽章に繋がった時が気持ちよいです。
指揮者によっては、この第4楽章、ちょっとゆったりと演奏される方もいらっしゃると思うんですが(前にN響アワーで聞いた朝比奈氏の指揮がそうでした)、やっぱりテンポが速い演奏が多いと思います。

第1楽章から第4楽章まで、どんな風に繋がって展開していくのか、普段それほど敢えて意識することはないんですけど、この第4番は第5番と同じぐらいそういうところを楽しみたいと思う曲だと思いました。やっぱりあの第4楽章が気持ちよく走りきって終わるからかもしれません。
(2008.6.29記)

余談

ちょっとこういう比べ方は乱暴だとは思いますが、気になったのでまとめてみました。
第4番第4楽章にかかっている時間
スクロヴァチェフスキ氏&ザールブリュッケン放送交響楽団  06:23
ノリントン氏&シュトゥットガルト放送交響楽団 06:40
ドラホシュ氏&ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア  06:58

早く演奏すればよいってわけでも、遅く演奏すればよいってわけでもないのですが、こういうあたりは特徴的だなぁと思いました。

聴いたCD

ベートーヴェン:交響曲第1番&第4番

ベートーヴェン:交響曲第1番&第4番

演奏:ザールブリュッケン放送交響楽団
指揮: スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

私が持っているのは「ベートーヴェン:交響曲全集」ですが、4番だけの単独のCDもありますので、それをご紹介しておいて・・・・・・。
やはり、私はこの方のベートーヴェンが一番好きです。音の切れやテンポや、美しい第2楽章など、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏(ミスターS)とザールブリュッケンのベートーベンの交響曲はどれを聞いても好きなのですが、この4番・5番・6番は特に大好きです。
4番の1楽章の「ため」から、一気に音が動き出すところ、何度聞いてもぞくっとします。
抑えた音からパッと打ち上げられて開くような展開の仕方が気持ちよくて、大好きです。
第2楽章や第3楽章もいいんですけど、第4楽章の疾走するような演奏は圧巻です。早いんだけど、絶対雑じゃなくて、だまだま(分かります?雰囲気)しないところが大好き!! 弦楽器の刻みがもっとクリアだといいなぁと思ったりしますが、録音の関係もあるのかもしれません。
低音と高音のバランス、弱音から強音への遷移の仕方、すべてにドキドキしてしまいます。
特に急に強音になるところのエネルギーには毎度驚かされます。なんであんなに音のエネルギーを集められるのでしょう。カッコイイなぁ。

第1楽章から第4楽章への構成は、スクロヴァチェフスキ&ザールブリュッケンの第5番『運命』と同じぐらい大好きです。
やはりこれも第1楽章から第4楽章の流れを楽しんで、あの生き生きとした疾走感あふれる第4楽章に繋がる快感を楽しみたい演奏だと思います。
(2008.06.29 記)

ベートーヴェン:交響曲全集 vol.2″

ベートーヴェン:交響曲全集 vol.2

指揮:ロジャー・ノリントン
演奏:シュトゥットガルト放送交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60

N響と共演して、N響アワーで「ベスト・コンサート1位2位」になってたのはもう2年前なんですねの、ノリントン氏。
「第4番」を聞きたくて買ってみたのだけど、第3番に惚れました。
「英雄」というイメージが、ちょっとわかった気がしました。
「第4番」のほうは、金管が張り切りすぎなイメージがありました。金管のバランスって難しいんだなぁと思いながら聴いてました。
どちらかというと、ワクワクするよりも少しゆったりとした余裕で古典的な響きや展開を楽しむ演奏のように思えます。
(2008.06.29 記)

Beethoven: Symphonies Nos. 4 & 7

Beethoven: Symphonies Nos. 4 & 7

指揮:ベーラ・ドラホシュ
演奏:ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア

ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op. 92

4番も7番も、ゆっくり丁寧な演奏です。
第4番は特に、速さや刻みやクリア感よりも、丁寧に美しい響きを作ることに重点を置かれてるような感じがします。金管を含めて音がとても美しくて柔らかい感じがしました。
ゆとりのある第4番だなぁとおもいました。第4楽章を聞いていても、ときどき第6番を聞いているような気持ちになったので、この演奏を先に聴いていたら、「偶数は女性的」という言葉にある程度納得したのかなぁと思います。
(2008.06.29 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番
ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
カラヤン氏のCDはいっぱいあって、どれを選んだらいいのか迷いますね。録音も様々な年代があるでしょうし・・・・・・。

ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番
ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番

指揮: パーヴォ・ヤルヴィ
演奏: ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン
気になる指揮者の一人、パーヴォ・ヤルヴィ氏の演奏を取り上げてみました。

朝比奈隆 生誕100周年 ベートーヴェン:交響曲全集(1) 交響曲第1番&第4番
朝比奈隆 生誕100周年 ベートーヴェン:交響曲全集(1) 交響曲第1番&第4番

指揮: 朝比奈隆
演奏: 大阪フィルハーモニー交響楽団
先日「N響アワー」で聞いた朝比奈氏のベートーヴェンの第4番は、とてもゆったりとした響きを慈しむような印象を受けました。

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2009年7月17日(金)開演19:00、開場18:00
【大阪】ザ・シンフォニーホール
大阪センチュリー交響楽団第143回定期演奏会
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 Op.60
(「のだめカンタービレ」17巻)
指揮/小泉和裕
演奏/清水直子 (Vla)  大阪センチュリー交響楽団
その他の曲/ベルリオーズ: 交響曲「イタリアのハロルド」 Op.16

料金/A席:6,000円/B席:4,500円/C席:3,000円/D席:1,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352