【N響アワー】加古隆が語るメシアン縲鰀 生誕100年を迎えて 縲鰀


今日のメニュー

メシアン:「キリストの昇天」 から 第2曲, 第3曲
  (2008年2月9日 【指揮】チョン・ミョンフン)

メシアン:「トゥランガリラ交響曲」 から 第1, 第3, 第4, 第5楽章
  (2008年4月11日 【オンド・マルトノ】原田 節  【ピアノ】ピエール・ローラン・エマール 【指揮】準・メルクル)

感想

メシアン:「キリストの昇天」 から 第2曲, 第3曲
あまり好きでない意味不明な感じの曲なのかなーと思って聞いていたのですが、嫌いではありませんでした。
響きが綺麗だと感じます。第2曲は、人を介さない光のイメージがしました。
第3曲はカッコイイですね。そして、やっぱり響きが光のようです。

メシアン:「トゥランガリラ交響曲」 から 第1, 第3, 第4, 第5楽章
冒頭で鳥肌です。かっこよすぎる・・・・・・。
メルクルさんもかっこいいんだけど(←ミーハーな感想ですみません)。

怪物がうごめいていたり、空から落ちたり、鳥がいたり、海際に一人立っていたり。
いろんなイメージが頭をうごうごして、とても面白く不思議な曲だなぁと思いました。

これも、私にはなじみのない苦手な曲だと思うんですけど、音のイメージとか響きの作り出すイメージだとかを追ってしまいました。
途中で、とても不安な気持ちになってしまって、聞いているのが辛くなりました。曲がどうのとか演奏がどうのとかという問題ではなくて、今の私の精神状態に変に作用してしまったなーという感じです。

あれ、この第5楽章聞いたことありますよ? あれ? N響アワーの最初とかっぽいんですけど!! いつの時代のだろう?
調べたら、「ドン・ファン」の前の時代だそうです。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

キリストの昇天
メシアン:主の降誕,キリストの昇天
メシアン:主の降誕,キリストの昇天

トゥランガリラ交響曲
メシアン:トゥーランガリラ交響曲
メシアン:トゥーランガリラ交響曲

指揮: ナガノ(ケント)
演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, エマール(ピエール=ローラン), キム(ドミニク)

オンド・マルトノ
湖を渡る風 ~オンド・マルトノの幻想的世界 / 原田節
湖を渡る風 ~オンド・マルトノの幻想的世界 / 原田節

ちょっと変わった楽器でしたので、ピックアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352