【演奏記録】2010年5月定期演奏会


お久しぶりな更新となります。
私、吹奏楽団のホルン吹きでございまして、定期演奏会ラッシュでございます。

今回はいつもの記事とは趣を変えまして、演奏会にて印象深かった曲などご紹介したいと思います。

定期演奏会(2010/5)

「ラピュタ」メドレー
第1部の4曲目でございました。
私、この演奏会、これで始まりこれで終わったといっても過言ではないほど、緊張しました:(
冒頭、おなじみの「ターラーラー」はホルン1本。ホルンF管の譜読みで言えば「ソーファーミー」なのですが、ソからファの跳躍が合奏すると一度も成功しない!
あせりました。イメージトレーニングを何度繰り返しても、合奏になると「ソ」と「ファ」の間に変な着地点ができてしまう。ううう。当日のリハでは、「絶対できる」と確信したのに外し・・・・・・。
本番は、頭真っ白状態。どうしようどうしようと、最初のイントロ中に心臓バクバクものだったんですが、「ソ」を吹いた瞬間「いける」と思えて、あとは吹けたんですよ! うまくいったのは本番一発だけという、奇跡に少し自信がつきました。その後も、外さずいけましたし。でも、体中、うれしさと緊張で震えまくってましたよ。
一部終わったあとは、まさに放心状態でした。どれだけ緊張してたんだって感じですね。

「アメージング・グレース」
なぜか、嫌いな曲に入る曲です。アメージング・グレースのあの超有名な主題が展開していく演奏なんですが、これ最初の方に「solo」とあって、対旋律っぽいのを一人で吹くんですよ。
それは別にいいんだけど、「solo」だけど対旋律だから、「ソリスト」としてやっていいのか判断に苦しみ、対旋律として徹底しましたが、あれは立って吹いてもよかったかもなぁ。立奏、苦手ですが。

「カントリーロード」
何かの付録の楽譜だと思いますが・・・・・・。
最初に合唱で始まるという、吹奏楽曲としては異色。
しかし、この合唱が評判良かったという話:-)

「【演奏記録】2010年5月定期演奏会」への2件のフィードバック

  1. はじめまして
    ヘンリーと申します。
    ブログラムから立ち寄りました。
    ピアノにホルンにヴァイオリン・・・多才なんですね。
    私はホルンだけでお腹いっぱいです。
    立奏を自分から考えるなんて、すごいですね。
    自分には考えられません・・・笑

  2. こんにちは。ヘンリーさん。
    コメント、ありがとうございます!

    ピアノとホルンとヴァイオリン。
    でも、今、まともにできるのはホルンだけだと思います。
    ヴァイオリンはもう、本当に、すごいです、ある意味。破壊力が……。

    立奏、私もあんまり好きじゃないし苦手なんですが、
    団の演奏会の後半のノリが。
    ソロがあったら立っちゃおうぜ!みたいなノリで。
    むしろ、ソロあるのになんで立たないのさ!
    みたいに言われそうな感じなんです。

    でも、立奏、一回やると結構クセに……(笑)
    普段吹奏楽では、ホルンは目立たないから、その反動かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352