【N響アワー】最近の演奏会から  イモジェン・クーパー 深遠なるシューマン


今日のメニュー

シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
(2008年10月4日 【ピアノ】イモジェン・クーパー 【指揮】アンドリュー・リットン )

チャイコフスキー:交響曲第2番より第2楽章と第4楽章
(2008年10月4日 【指揮】アンドリュー・リットン )

感想

シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
最近、ちょっとシューマンにはまりつつあります。
協奏曲系はいつも今ひとつ乗れないんですけど、なんか、今回のは楽しかったです。
華やかで、聞きやすくて、まとまっていて。
いつも感じる微妙な違和感がなかったなーと思いました。

しかし、指揮のアンドリューさん。
ほっぺがカワイイ・・・・・・。

チャイコフスキー:交響曲第2番より第2楽章と第4楽章
2番珍しい。
やっぱり、5、6が有名で、4番も最近はフィギュアスケートなどに使われてかっこよくて好きですし、1番もたまに耳にしたりしますけど、2番はもしかしたら初めてかもーと思いました。
第2楽章はとってもかわいらしいですね。

第4楽章もチャイコフスキーらしいというか。素敵な始まりで、聞いていてどんどんワクワクしてきて、幸せな気持ちになってきました。
途中のピッコロが録音のせいか、あんまり聞こえないのがもったいなかったなぁ。
でもすっきり聞こえて、盛り上がりの部分も無理のない感じで、とても華やかで楽しい演奏に聞こえました。
なんであんまり演奏されないのかなぁ。もったいないなぁ。

池田先生に曰く、第1楽章の冒頭はホルンソロらしいですよ。
うーん。聞きたいな。

アンドリュー・リットンさん。
ちょっと好きかもしれません。要チェック要チェック。

本日の曲/指揮者/演奏者のCD紹介(Amazonより)

シューマン:ピアノ協奏曲
グリーグ&シューマン:ピアノ協奏曲

ピアノ:リヒテル(スヴャトスラフ)
演奏: モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団
指揮: マタチッチ(ロヴロ・フォン)

チャイコフスキー:交響曲第2番
チャイコフスキー:交響曲第1番

演奏: プラハ交響楽団, チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
指揮: スメターチェク(ヴァーツラフ)

アンドリュー・リットン
Tchaikovsky : Symphonies 1-6, Manfred

指揮:Andrew Litton
演奏:Bournemouth Symphonic Orchestra

あ、あると思わなかったから、嬉しいですねー。アンドリュー・リットンさんのチャイコフスキー交響曲全集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352