ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 op.92


「のだめカンタービレ」の第2巻・9巻より、千秋先輩にとっては「節目」の曲、ではないかと思います。

第6番から3年おいて取り組まれた交響曲です。ナポレオンが軍事独裁を推し進めて、貴族たちが破産していった大変な時期だそうです。ベートーヴェンも交響曲をつくってる場合じゃなかったんだろう・・・・・・とはCDレーベルからの抜粋です。

この3年間の間、ベートーヴェン自信の生活にもいろいろと暗いことがあったそうです。んだが、その割には第7番はとっても明るくて楽しい曲だなぁと思うんですね。

第5番『運命』では、苦悩から歓喜へ。絶望から勝利へ!と言った、ドラマティックさを感じたのですが、この第7番ではそういう「ドラマ」は感じないんですね。
私の中にあるベートーヴェンの印象って、『運命』といったような「精神的重み」のイメージが強いんです。だから、この曲を最初に聞いたときは「ベートーヴェン?」って思いました。

リストが「リズムの神化」、ワーグナーが「舞踊の聖化」、と言ったということは、どんな解説書でも目にする言葉です。ワーグナーはリストのピアノ編曲にあわせて踊ったということですから・・・・・・そういうシーンを想像するとおもろいなぁ・・・・・・。ワーグナーは思ったよりも面白い人だったのかなぁ。

私自身はその「神化」だとか「聖化」だとかいうのはよくわかりませんが、とても楽しくなるんですよね。特に第1楽章とかは、ワクワクします。とくにホルンが目立ってるところの響きが。本当に楽しい。第4楽章の弾み方とか、本当に楽しくなる交響曲だなと思います。

私はそれこそ「ずどーん!ずどーん!」という暗さのある交響曲や、ものすごいかっこいい交響曲が大好きなのですが、こういうあっかるい交響曲もいいですね。いかん・・・・・・やっぱりなんか聞いててにんまりしてしまうわ。

そして、終わった瞬間に思わずグッと拳に力を込めてしまうんだなぁ。よい。よいね。聞けば聞くほど好きになりそうです。

(2005.3.20記)

 

聴いたCD

ベートーヴェン:交響曲第5&7番

ベートーヴェン:交響曲第5&7番

指揮: カルロス・クライバー
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

第5番を聞くために買ったものですが、第5番の方は好みじゃないので第7番ばっかり聞いてます。
この前、ラジオで第7番を他の指揮者で聞きましたが、けっこうぬっぺりしていて退屈でした。
こちらの第7番はそれよりもイキイキしていて、音も綺麗で、とても好きです。
(2005.3.20記)

 

 

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。

探し中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352