ドビュッシー:交響詩「海」


『のだめカンタービレ』13巻【二ノ宮知子】。マルレ・オケの公演で演奏されていた曲です。

ドビュッシーというと、ピアノ曲のイメージが強すぎて、管弦楽のイメージが無かったのですが、この曲を聞いて「いいじゃーん」とか思ってしまいました。 ただ、なぜか冒頭、日本の海を思い浮かべてしまうんです。
フランスの方なのに、日本の海のイメージを強く強く感じてしまって、「何故だー。私の捉え方がおかしいのかー。日本海毎日見てるからかー?」 とか思ってたのですが、よくよく調べてみると『1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である、冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。(wikipedia:海(ドビュッシー)より引用)』 らしく、どうもそちらの影響を受けたらしいんですね。

それを聞いて、妙に嬉しくなってしまいました。
昔は、クラシックって、結構ただ「クラシックを聞く」ために聞いてたところがあるんですが、最近は素直にその曲を受け止めれるようになってきたのかなぁ・・・・・・なんて。 あ、いや、余談でした。すみません。

でも、葛飾北斎に影響された印象派っていうと、ゴッホなど絵画の世界を思い浮かべるんですけど、音楽も影響を受けていたというのが面白いです。

さて、曲のほうですが、夜の不気味さとかそういうのを感じつつも、雄大なイメージで盛り上がりまくります。
最後のほうのとても壮大で、でもどこか広がりの感じる音たちが、本当に気持ちいいです。
でも、やっぱり私は第1楽章が好きかな。あれを聞いてると、日本の海から世界の海へ繋がって広がったー!という、なんとも言えない嬉しさがこみ上げてくるんです。
勝手な解釈かもしれませんが・・・・・・。
頭の中では、海から空の鳥が俯瞰している図に、情景が浮かぶのを楽しんだりしています。

(2006.7.23 記)

 

聴いたCD

Saint-Saëns: Symphony No.3/Debussy: La Mer/Ibert: Escales

Saint-Saëns: Symphony No.3/Debussy: La Mer/Ibert: Escales

サン・サーンス:交響曲第3番
ドビュッシー:交響詩「海」
Escales (Ports Of Call)
演奏:ボストン交響楽団 指揮:ミュンシュ

サン・サーンスの第3番が聞きたくて購入した一枚です。
サン・サーンスも文句なしに素晴らしいですが、この版の交響詩「海」との出会えたことがとても幸運だったなと思いました。
実は、それまでにも交響詩「海」を流し聞きする機会があったのですが、この版の「海」ほど、鮮明な印象を受けることがなかったのです。
多分、このCDを聞いてなかったら、交響詩「海」をこのサイトで取り上げるのは、もっともっと後のことになったのではと思います。
交響曲第3番も、本当、オススメです!
(2005.7.23記)

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2012年1月20日(金)
7:00pm 【京都】京都コンサートホール

京都市交響楽団第553回定期演奏会
その他の曲/ラロ:歌劇「イスの王様」序曲 サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番ト短調op.22 ドビュッシー(ビュッセル編曲):小組曲
指揮/ロベルト・ベンツィ
演奏/ドゥ・ラ・サール(ピアノ)、京都市交響楽団
料金/S:¥4,500 A:¥4,000 B:¥3,500  P:¥2,000(舞台後方席)
詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352