“シューマン”のロマンを聴く縲鰀 N響アワー感想


今日のメニュー

クララ・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品7から 第3楽章
  (2006-06-09【指揮】準・メルクル【ピアノ】伊藤 恵)

シューマン:交響曲 第1番 作品38 “春”
  (2006-06-09【指揮】準・メルクル)

感想

クララ・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品7から 第3楽章
クララ・シューマンって美人ですよね。そりゃ、人気も出るわね。

さてさて、イ短調というから、暗い曲を想像していたのですが、暗いのは暗いけど、情熱を感じました!
私は結構好きです。ちゃんと第1楽章から聞きたいですが、あんまりCDとか売ってなさそうですよね。

シューマン:交響曲 第1番 作品38 “春”
なんつーカッコイイ・・・・・・。私、シューマンは4番しか聞いたことが無く、かつ、大好きなのですが、 この第1番もいいですねー。
第2楽章は、思ったよりもドラマティック。なぜか、もっとしんみりしてるのかなぁという勝手な思い込みがあったからなんですけど。
そして、とても華やかな第4楽章。
これはどこかで聞いたことありますね。
祝福の曲だなぁと思います。いろんなドタバタ劇などがあって、そして、最後にはちゃんとハッピーエンドで終わるんだよ。
よかったねーという思いが満ち溢れる。
フィナーレにたどり着いたときに、その思いが一気に溢れるような、元気になる曲ですね!

今日の池辺先生

イ短調のピアノ協奏曲もクララもローベルトも作ったことに関して
「二人とも”いたん”のことは気にしなかったんだね」

異端のことだろうか・・・・・・。ちょっと分かり辛かったです。池辺先生。

本日の曲/指揮者のCD紹介(N響以外/Amazonより)

ピアノ協奏曲
クララ・シューマン:ピアノ協奏曲

ニコロージ

クララ&ロベルト
クララ&ロベルト・シューマンのロマンス
クララ&ロベルト・シューマンのロマンス

演奏: ハンスエェルク・シェレンベルガー, ロルフ・クーネン
シューマン夫妻が書いたオーボエ作品だそうです。
CDの主旨が面白いですね。

準・メルクル
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界」 ほか
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界」 ほか

指揮: 準メルクル
演奏:NHK交響楽団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352