音楽は人間のドラマ!縲怎Qスト・白井晃


今日のメニュー

ベルリオーズ:“ファウストのごう罰”から“ハンガリー行進曲”
  (2006-04-08【指揮】シャルル・デュトワ)

グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16から 第1楽章
  (2000-07-28【指揮】サカリ・オラモ【ピアノ】東 誠三)

バッハ:“ブランデンブルク協奏曲 第6番”から 第2・第3楽章
  (1984-12-22【指揮】ヴァーツラフ・ノイマン)

ヴェルディ:歌劇“椿姫”から“ああ、そはかの人か縲怏ヤから花へ”
  (2006-05-06【指揮】チョン・ミョンフン【ソプラノ】スミ・ジョー)

感想

白井さんの少し含んだ感じの笑い方が結構好きです。

ベルリオーズ:“ファウストのごう罰”から“ハンガリー行進曲”
あ、この曲ってベルリオーズなんだー。とか思いながら聞きました。
有名であればあるほど、「あ、こういう名前なんだ」とか思ってしまう瞬間が好きです。
シンバルがむっちゃかっこいいし。トロンボーンがむちゃくちゃ美味しいし。
新しい曲に出会えるのも楽しいですが、聞きなれた曲を、あらためて聞くっていうの、やっぱり楽しいですね。

グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16から 第1楽章
あまりにもお馴染みの曲で、逆に「恥ずかしい!」ってなりそうですが、このピアノの音はすごくいいですねー。
冒頭とか聞くと「きたきた!」って思うのですが、なんか上手に抑えた感じがしました。
やり過ぎな感じが無くて、どこか冷静さが残ってる。綺麗なグリーグという印象。
グリーグのピアノ協奏曲は、第2楽章が好きなのでそこも聞いてみたかったなぁなんて思います。

バッハ:“ブランデンブルク協奏曲 第6番”から 第2・第3楽章
バッハって、聞いてるとなんかいろんなことを超越した感覚に陥りますね。
悲しそうだなとか、嬉しそうだな、とか、そういうことを考えずに、そこにある音を音として捉えたくなるというか。
余計な心の触れが別次元で起こってる感じ。
そういうのが結構好きです。いつまでも続きそうな気持ちにもなります。

ヴェルディ:歌劇“椿姫”から“ああ、そはかの人か縲怏ヤから花へ”
なんか、蓄音機を聞いている気分になった(笑)。
高くてビブラートがかかっているような声。
懐かしい気持ちになってしまった。いや、蓄音機を生で聞いてた年代じゃないんだけどね。

今日の池辺先生

舞台で皿を回しているミュージシャンの写真を見て。

「これが本当の“皿”ウンド」

もしかして、さらに「ウンド」は「運動」が掛かっていたのか!?

本日の曲/指揮者のCD紹介(N響以外/Amazonより)

グリーグ:ピアノ協奏曲
シューマン:ピアノ協奏曲
シューマン:ピアノ協奏曲

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏: クリスティアン・ツィマーマン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ブランデンブルク協奏曲
J.S.バッハ:ブランデルブルク協奏曲(全曲)
J.S.バッハ:ブランデルブルク協奏曲(全曲)

指揮: ラインハルト・ゲーベル
演奏: ムジカ・アンティクワ・ケルン
クラシックをあまり聞かない会社の先輩から勧められた一曲だったりします。

東 誠三
ラ・カンパネッラ縲怎潟Xト名曲集
ラ・カンパネッラ縲怎潟Xト名曲集

演奏: 東誠三
落ち着いた感のある演奏が気になったので・・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/movielog/www/music/wp-content/plugins/smilies-themer-toolbar/smilies-themer-toolbar.php on line 352