カテゴリー別アーカイブ: のだめカンタービレ第03巻

ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」

2008.4.8 CD追加  2004.9.12 記事

『のだめカンタービレ』3巻。Sオケの定期演奏会用の曲です。

私には珍しく第2楽章は好きなほうです。途中まではつらいんですけどねー。オーボエさんがメロディを吹き始めたあたりからなんとか浮上できる感じがして、半分ぐらい着たところの盛り上がりはやっぱり好きです。そこから、急激に下がっていく感じもキライではありません。

そこから音が重なっていく中、これは・・・・・・チェロかな、ヴァイオリンかな・・・・・・弦楽器がリレーのように刻みを弾いていて、残りの人たちがゆったりとした悲しいメロディを奏でているところ鳥肌モノですよ。この音の繋ぎが・・・・・・重なりが・・・・・・たまりません。うー・・・・・・。
また、低音がドン・ドン・ドンと心を打つように鳴るのですよ。すごく暗くなった上に、また後半には悲しいメロディが紡がれるのです。それがとてもとても綺麗で。もー追い討ちですか・・・・・・?眉間に皺が寄ってしまいます。

第3楽章はホルンが美しい。美しいったら美しいー・・・・・・。

第4楽章はすっげーかっこいいですねー・・・・・・。もっと重くてもいいなーと思いつつ、やっぱり4楽章はドキドキしてしまいますわ。

しっかし、この曲、龍たちがどこで「アレ」をやったのか、想像しちゃいますね。ほんと、どこでやらかしてくれたんでしょうか? 

(2004.9.12記)

聴いたCD

ベートーヴェン 交響曲第3番

演奏: ベルリン・フィル・ハーモニー交響楽団
指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン

「Classic Essence」とか言う、買ったのはかなり前(10年ぐらい前だな)のCD。買ったことさえ忘れていた。もしかしたら父からもらったのかもしれないCDです。Amazonには掲載されてなかったので、感想だけ・・・・・・。
他のを聞いたことがないので比べられないのですが、第2楽章は音が美しければ美しいほど最後の最後、泣きそうになりますね。好きですよ、この第2楽章。
(2004.9.12記)

Beethoven: Symphonies Nos. 3 & 4″

Beethoven: Symphonies Nos. 3 & 4

指揮:ロジャー・ノリントン
演奏:シュトゥットガルト放送交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60

第4番を聞きたくて買ってみたのだけど、第3番にちょっと惚れました。
「英雄」というイメージが、ちょっとわかった気がしました。

その他のCD紹介(Amazonより)

ベートーヴェン:交響曲第1番/第3番「英雄」
ベートーヴェン:交響曲第1番/第3番「英雄」

指揮: ハンス・シュミット=イッセルシュテット
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ジャケットの表情がとても素敵で・・・・・・。

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

指揮: パーヴォ・ヤルヴィ
演奏: ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
ちょっと最近気になっている指揮者さんであります。

ベートーヴェン:交響曲全集ベートーヴェン:交響曲全集

指揮: 岩城宏之
演奏: NHK交響楽団
「ベートーヴェンなら死んでもいい」っておっしゃってたんですよね。岩城さん・・・・・。

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。

       

2008年
探し中です。