カテゴリー別アーカイブ: のだめカンタービレ第17巻

ベートーヴェン:交響曲第4番

『のだめカンタービレ』17巻より。定期演奏会で千秋先輩がちょっと・・・・・・だった曲。

ベートーベンの交響曲について本を読んだりネットで調べたりしていると、交響曲9曲のうち、「奇数は男性的で偶数は女性的」というようなフレーズを目にすることがあります。
確かに「運命(5番)」と「田園(6番)」と「第九のコーラス」ぐらいしか聞いたことのなかった昔は「なるほどな」なんて思っていました。
しかし、この4番を聞いたときに「そうとは言えないな」と思いました。(もしかしたら、スクロヴァチェフスキ氏の指揮するベートーベンになじんでしまったから、そう思えるのかもしれないとも思うのですが・・・・・・)

この曲はかなりカッコイイです。マイナーだから・・・・・・と思っていたのですが、さすがベートーベンといいましょうか、やっぱりベートーベンといいましょうか。

名前付きじゃないからって聞かないのはもったいない!!

ちょっと静かな第1楽章の冒頭から、しばらく経っての盛り上がりからがとてもかっこよいのですよ。
そこからは、抑えて、盛り上がって、抑えて、盛り上がっての繰り返しにいつのまにか、はまってる。その感覚が面白いです。

第4楽章にかけての雰囲気も大好きです。それがあの疾走感のある第4楽章に繋がった時が気持ちよいです。
指揮者によっては、この第4楽章、ちょっとゆったりと演奏される方もいらっしゃると思うんですが(前にN響アワーで聞いた朝比奈氏の指揮がそうでした)、やっぱりテンポが速い演奏が多いと思います。

第1楽章から第4楽章まで、どんな風に繋がって展開していくのか、普段それほど敢えて意識することはないんですけど、この第4番は第5番と同じぐらいそういうところを楽しみたいと思う曲だと思いました。やっぱりあの第4楽章が気持ちよく走りきって終わるからかもしれません。
(2008.6.29記)

余談

ちょっとこういう比べ方は乱暴だとは思いますが、気になったのでまとめてみました。
第4番第4楽章にかかっている時間
スクロヴァチェフスキ氏&ザールブリュッケン放送交響楽団  06:23
ノリントン氏&シュトゥットガルト放送交響楽団 06:40
ドラホシュ氏&ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア  06:58

早く演奏すればよいってわけでも、遅く演奏すればよいってわけでもないのですが、こういうあたりは特徴的だなぁと思いました。

聴いたCD

ベートーヴェン:交響曲第1番&第4番

ベートーヴェン:交響曲第1番&第4番

演奏:ザールブリュッケン放送交響楽団
指揮: スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

私が持っているのは「ベートーヴェン:交響曲全集」ですが、4番だけの単独のCDもありますので、それをご紹介しておいて・・・・・・。
やはり、私はこの方のベートーヴェンが一番好きです。音の切れやテンポや、美しい第2楽章など、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏(ミスターS)とザールブリュッケンのベートーベンの交響曲はどれを聞いても好きなのですが、この4番・5番・6番は特に大好きです。
4番の1楽章の「ため」から、一気に音が動き出すところ、何度聞いてもぞくっとします。
抑えた音からパッと打ち上げられて開くような展開の仕方が気持ちよくて、大好きです。
第2楽章や第3楽章もいいんですけど、第4楽章の疾走するような演奏は圧巻です。早いんだけど、絶対雑じゃなくて、だまだま(分かります?雰囲気)しないところが大好き!! 弦楽器の刻みがもっとクリアだといいなぁと思ったりしますが、録音の関係もあるのかもしれません。
低音と高音のバランス、弱音から強音への遷移の仕方、すべてにドキドキしてしまいます。
特に急に強音になるところのエネルギーには毎度驚かされます。なんであんなに音のエネルギーを集められるのでしょう。カッコイイなぁ。

第1楽章から第4楽章への構成は、スクロヴァチェフスキ&ザールブリュッケンの第5番『運命』と同じぐらい大好きです。
やはりこれも第1楽章から第4楽章の流れを楽しんで、あの生き生きとした疾走感あふれる第4楽章に繋がる快感を楽しみたい演奏だと思います。
(2008.06.29 記)

ベートーヴェン:交響曲全集 vol.2″

ベートーヴェン:交響曲全集 vol.2

指揮:ロジャー・ノリントン
演奏:シュトゥットガルト放送交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60

N響と共演して、N響アワーで「ベスト・コンサート1位2位」になってたのはもう2年前なんですねの、ノリントン氏。
「第4番」を聞きたくて買ってみたのだけど、第3番に惚れました。
「英雄」というイメージが、ちょっとわかった気がしました。
「第4番」のほうは、金管が張り切りすぎなイメージがありました。金管のバランスって難しいんだなぁと思いながら聴いてました。
どちらかというと、ワクワクするよりも少しゆったりとした余裕で古典的な響きや展開を楽しむ演奏のように思えます。
(2008.06.29 記)

Beethoven: Symphonies Nos. 4 & 7

Beethoven: Symphonies Nos. 4 & 7

指揮:ベーラ・ドラホシュ
演奏:ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア

ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op. 92

4番も7番も、ゆっくり丁寧な演奏です。
第4番は特に、速さや刻みやクリア感よりも、丁寧に美しい響きを作ることに重点を置かれてるような感じがします。金管を含めて音がとても美しくて柔らかい感じがしました。
ゆとりのある第4番だなぁとおもいました。第4楽章を聞いていても、ときどき第6番を聞いているような気持ちになったので、この演奏を先に聴いていたら、「偶数は女性的」という言葉にある程度納得したのかなぁと思います。
(2008.06.29 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番
ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
カラヤン氏のCDはいっぱいあって、どれを選んだらいいのか迷いますね。録音も様々な年代があるでしょうし・・・・・・。

ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番
ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番

指揮: パーヴォ・ヤルヴィ
演奏: ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン
気になる指揮者の一人、パーヴォ・ヤルヴィ氏の演奏を取り上げてみました。

朝比奈隆 生誕100周年 ベートーヴェン:交響曲全集(1) 交響曲第1番&第4番
朝比奈隆 生誕100周年 ベートーヴェン:交響曲全集(1) 交響曲第1番&第4番

指揮: 朝比奈隆
演奏: 大阪フィルハーモニー交響楽団
先日「N響アワー」で聞いた朝比奈氏のベートーヴェンの第4番は、とてもゆったりとした響きを慈しむような印象を受けました。

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2009年7月17日(金)開演19:00、開場18:00
【大阪】ザ・シンフォニーホール
大阪センチュリー交響楽団第143回定期演奏会
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 Op.60
(「のだめカンタービレ」17巻)
指揮/小泉和裕
演奏/清水直子 (Vla)  大阪センチュリー交響楽団
その他の曲/ベルリオーズ: 交響曲「イタリアのハロルド」 Op.16

料金/A席:6,000円/B席:4,500円/C席:3,000円/D席:1,000円

バッハ:ピアノ協奏曲第1番 BWV1052

のだめカンタービレ第17巻。マルレの第2391回定期演奏会で弾き振りされた曲です。

バッハのピアノ協奏曲と聴いて思っていた印象を、いい意味で裏切ってくれた曲でした。
出だしのかっこよさに「あれ?」と思っていると、ピアノが滑り落ちてくるかのように流れ出す。
その流れ出し方に、何度聞いてもときめいてしまいます。
イメージがとてもオシャレです。
「バッハだよね?」 って再確認して、聞いているうちに「あ、バッハかも?」と思うような感じ。

「バッハ」ね。「協奏曲」ね。なんて思って二の足踏んでいましたが、思い切って聞いてみてよかったです。

友人はこれを聞きながら、千秋先輩が弾いているところを想像して、にまにましてました。
気持ちはよく分かるわ縲怐B

(2007.9.2 記)

聴いたCD

バッハ:ピアノ協奏曲第1、2、4番

指揮: マレイ・ペライア
演奏: マレイ・ペライア アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
1. ピアノ(鍵盤楽器)協奏曲第1番ニ短調BWV1052
2. ピアノ(鍵盤楽器)協奏曲第2番ホ長調BWV1053
3. ピアノ(鍵盤楽器)協奏曲第4番イ長調BWV1055

初めて聞いたバッハのピアノ協奏曲が、これでとてもよかったと思います。
最初の出だしのキレからピアノが流れ出したところまでで、かなりぐっと来ました。
他の演奏も聴いてみたけど、これほど何か「かっこよさ」を感じた出だしはない気がします。
そう、このCD盤だけ、なぜか知らないけど最初「バッハ? Jazz?」という錯覚に陥ります。
クラシック、というような感じがしないのがとても不思議です。
バッハって私にとってはどこか「神聖」とか「人から離れた自然」とかを感じるんですけど、この1番は、そういうものを感じずに、どこか「粋」みたいなものを感じてしまいました。
やっぱりJazzっぽい?
強弱の決め方が、キリっとしていて、やっぱり「cool」という印象です。ときどきメロディ(主題?)が強く演奏されるのですが、そこにときめいてしまうんですね。
何度聞いても「かっこいい・・・・・・」。
(2007.9.30 記)

Bach: Violin Concertos

Bach: Violin Concertos
指揮: Helmut Mller-Brhl
オーケストラ: Cologne Chamber Orchestra

ピアノをヴァイオリンに変更して演奏された盤です。
ヴァイオリンにしただけで、退廃っぽさが(笑)。あ、いや、とても色っぽくなるのはなんなんでしょうね。
上のピアノ協奏曲のCDが、どこかキビキビしていてキレのあるかっこよさがあるとしたら、こちらはどこか気だるげで色っぽい感じ。弦の流れがそうさせているんでしょうけど、この違いが面白いなぁと思いました。
(2007.9.30 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

モーツァルト&バッハ:ピアノ協奏曲集
モーツァルト&バッハ:ピアノ協奏曲集

指揮: イッセルシュテット(ハンス・シュミット)
演奏: アシュケナージ(ヴラディーミル), ロンドン交響楽団

バッハ:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第5番
バッハ:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第5番

指揮: フィードラー(アヒム)
演奏: シュタットフェルト(マルティン), ルツェルン祝祭弦楽合奏団

バッハ:クラヴィーア協奏曲第1番&第4番&第5番
バッハ:クラヴィーア協奏曲第1番&第4番&第5番

指揮: マルコム(ジョージ)
演奏: シフ(アンドラーシュ), イギリス室内管弦楽団

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2007年
探し中です。情報がありましたら、是非教えてください!

ニールセン:交響曲第4番『不滅』

のだめカンタービレ第17巻・千秋先輩指揮のマルレ定演の演目です。
ニールセンという作曲家の名前を聞いたのは初めてだなーなんて思いながら、さっそく買ってみました。
第1次世界大戦中の曲というのもあって、「近代の曲かぁ・・・・・・」なんてあまり期待してなかったんですよ。
そうして聞いてみたらなんとまぁ、カッコイイのなんのって。

wikipediaでは(該当ページはこちら作曲者自身はデンマーク語で “Det Uudslukkeligge” という副題を与えたが、これは日本語で「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」といった意味である。日本では、その意訳にあたる「不滅」という副題で知られている。とあるけど、「不滅」と「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」ではニュアンスが違うと思うし、「不滅」よりも「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」の法が、意志の強さを感じてこの曲にはぴったりだと思います。

もちろん、この曲がそういうものをあらわしているか、この曲を聞くとそれを感じ取ることができるか?と聞かれると、具体的に、「ここのあのメロディが」とか「ここの響きが」と説明できないんですけども。
この曲にエネルギーを感じますし、口ずさめるようなメロディ(『家路』とかそういうのって、口ずさめますよね)がなくても、「なんか、好き」で強烈に惹かれるのです。
そして、作曲者の気持ちがその題名に込められているということを思い出すと、涙が出そうになります。

最初は、「怒り」なのかなぁと思っていたんです。
全ての生き物は「生」に向かい命を繋いでいくのに、それを滅す「戦争」やそれを行わせる「信念」「権力」というものを持った「人間」・・・・・・いや、人間というより「生」に反させる「意志」に対する怒りなのだなぁと、私なんかは単純に思ってしまうのです。(その「意志」をもつのは「人」なのですが)
それを「生」に一番よく似た「音楽」に託した響きなのかなと、思ったりします。

私は「死」が怖いです。そして、それをもたらすあらゆるもの、特に「人」というよりは「生命としての人」の意義を簡単に奪うあらゆる事象が恐ろしいです。
だから、「生命」に似た「音楽」が好きなのかもしれません。

でも、何度か聞いているうちに「怒り」とか「悲しみ」とかそういうものも関係ないのかなぁと思うようにもなりました。
ただこの音楽のそこに響く「存在」というものが、個々の人の気持ちに沿うことで、いかようにもとれるのかなとも。

今の私に聞こえるこの音楽は、
人のあらゆる感情からくる矮小さと、そこからくる悲しみと怒りを超越した何かであってほしいという願いの先にある響きなのかな。

んー。なんだかよくわからないことを言いましたが、私はこの曲が大好きってことです!

(2007.6.9 記)

聴いたCD

ニールセン:交響曲第4番「不滅」 交響曲第3番「ひろがり」 [Import]

ニールセン:交響曲第4番「不滅」 交響曲第3番「ひろがり」 [Import]

演奏:BBCスコットランド響 BBC Scottish Symphony Orchestra
指揮:オスモ・ヴァンスカ Osmo Vanska

C. ニールセン:交響曲第3番 ニ短調 「広がり」 Op. 27
C. ニールセン:交響曲第4番 「不滅」 Op. 29

最初に聞いたCDによってその曲を好きかどうかが決まってしまうってことがあるんだなと最近思います。
たとえばベートーベンの第5番「運命」なんて、随分長い間嫌いだと思っていました。しかし、とある演奏に出会ってから大好きな曲になります。
だから、最初に聞くCDとの出会いはとても貴重だと思います。何度もいろんな演奏を聴いてみようと思わない限りは。
そういう意味でニールセンという作曲家の交響曲に触れるのさえ初めてな私にとっては、このCDを選べたことは、幸せだったなと思います。
私好みの集中した乱れのない演奏だと感じました。知的さがあるなぁと感じました。
変なドラマティックさはこの曲には似あわないと思います。抑えかたも広がりも、胸掻き毟るような強い響きも全てが好みです。
第3番も最高でした!(2007.6.9 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

ニールセン:交響曲全集

指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット 演奏: サンフランシスコ交響楽団
随分前から私のショッピングカートに入っている一品です。さっさと買えよって感じですが、現在CDを買い控え中。買ったらレビューに書きます。N響と演奏したブラームスの交響曲を聴いてから興味津々のブロムシュテット。

ニールセン:交響曲「広がり」
ニールセン:交響曲「広がり」

指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット 演奏: NHK交響楽団

Carl Nielsen: Symphony No. 4 \”The Inextinguishable\
Carl Nielsen: Symphony No. 4 [The Inextinguishable]

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏: ベルリン・フィル

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2007年
探し中です。情報がありましたら、是非教えてください!

チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」

「のだめカンタービレ17巻」より、定期演奏会の演目より幻想序曲「ロメオとジュリエット」です。
「ロミオ」か「ロメオ」か迷いましたが、クラシック曲のタイトルでは「ロメオ」が多いんですね。日本人的には「ロミオ」のほうが馴染みある気がしますが。

しかし、私「ロミオとジュリエット」はあまり好きではないというか・・・・・・あまりロマンチックに感じれなくて・・・。
でも、それを題材にしたクラシック曲は大好きなんですけどね。

「ロミオとジュリエット」でクラシック曲というと、やっぱりあの「ソフトバンク」の曲が有名ではありますが・・・・・・あ、でも、もう下火ですよね。あちらはプロコフィエフ作曲、こちらはチャイコフスキー作曲です。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」も好きですが、こちらのほうもロマンチックであり、かっこよく、チャイコフスキーらしくドラマティックで大好きです!!

でも、あんまり「ロミオとジュリエット」というのを意識しながら聞いてみたことはなかったですね。特に意識しなくても、かなりドラマティックですから。
曲自体は20分ほどです。
結構前から頻繁に聞いていた曲ですが、やっぱりあの激しい(強い?)テーマのくり返しにしびれます。
金管の刻みと、シンバルやティンパニがかっちょいいですね。
何回聞いても「くわー!」と感情が昂ぶります。

愛のささやきとその喜びの歌の高まりも大好きなのですが、どんなに美しい歌を歌っても、悲しみの影がどこまでも付きまとう。
そんなところも大好きです。

聴いたCD

チャイコフスキー : 序曲「1812年」

指揮: サー・ゲオルク・ショルティ
演奏: シカゴ交響楽団
1. 序曲「1812年」op.49
2. 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
3. バレエ組曲「くるみ割り人形」op.71a

最初は「くるみ割り人形」を目当てに聞いていたのですが、いつのまにか「ロメオとジュリエット」が一番好きになってしまいました。
激しいところの音の響きが大好きです。筋が通っているというか、崩れない鋭さがあるというか・・・・・・。「甘い」という印象は受けないのですが、そこが好きかも知れません。
もちろん「1812年」もかっこいいですよ。
(2007.2.25 記)

Tchaikovsky: Overtures & Fantasies

Tchaikovsky: Overtures & Fantasies

指揮: アントニオ・パッパーノ
演奏: サンタ・チェチーリア国立音楽院管弦楽団
・幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Op.32
・幻想序曲『ロミオとジュリエット』(1880年版)
・ワルツ縲怏フ劇『エフゲニー・オネーギン』第2幕
・ポロネーズ縲怏フ劇『エフゲニー・オネーギン』第3幕
・序曲『1812年』 Op.49

たまたま店内でかかっていたCDが気になって気になって仕方がないので、買ってしまったCDです。
そのときにかかっていたのは、幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 です。かなりいい・・・・・・。気持ちいい・・・・・・。かっこいい・・・・・・。
『ロメオとジュリエット』は、上のショルティよりも、美しいメロディ部分が甘い感じ。
序曲『1812年』はコーラスから始まります。私、こういう『1812年』は初めて聞いたので、びっくりしました。その厳かな雰囲気が胸に迫ってきます。なんか、思ったよりも歯切れのよい演奏であり、あっさりしてる感じがするのですが、思ってもいないところでひっぱったり揺らしたりして、ちょっと面白い。
(2007.2.25 記)

その他のCD紹介(Amazonより)

チャイコフスキー:交響曲第6番
チャイコフスキー:交響曲第6番

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
第6番《悲愴》と『ロメオとジュリエット』です。

チャイコフスキー:作品集
チャイコフスキー:作品集

演奏:ニューヨーク・フィルハーモニック
指揮: バーンスタイン
『ロミジュリ』と『悲愴』はバーンスタイン。そのほかはロストロポーヴィチです。

「ロメオとジュリエット」~The Theme for Love~(CCCD)
「ロメオとジュリエット」~The Theme for Love~(CCCD)

演奏:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団  他
指揮: エイドリアン・リーバー
チャイコフスキー・プロコフィエフ・ベルリオーズ。いろんな「ロメオとジュリエット」。こういう企画も面白いですね。抜粋なのが残念ではありますが。

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
コンサート情報
探し中です。