カテゴリー別アーカイブ: フィギュアスケート使用曲

大好きなフィギュアスケートで使用された曲です。

サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付』

ここ最近はまってる交響曲で、今一番生で聞きたい曲です。

2008-2009シーズンのフィギュアスケート安藤選手のフリースケーティングでの使用曲だったので、紹介しようと思って準備していたんですが、なんやかんやいって半年もたってしまった。
もう、次の使用曲が発表されて、全然話題に乗れてないんですが(^^;)

静けさを破って不安のようなものがうごめくように始まる第1楽章。
第2楽章の、ただ美しいだけじゃなくて、不安をゆっくりと溶かしていくような広がりのあるメロディ。弦の美しさに身をゆだねていると、とても気持ちがいいのです。
そして、安藤選手も使っていたカッコイイ第3楽章。

んで、やっぱり見事なオルガンの和音で、いっきにぞくぞく来てしまう第4楽章。

この流れが、すっごく好きで、飽きずに何度も何度も聞いてしまいます!

(2009.8.31記)

●2008-2009年安藤美姫選手使用曲
 安藤選手は、女性的な柔らかな曲よりも、強さや荘厳さやキレのある曲のほうが似合ってると思います。
 前に織田信成選手がチャイコフスキーの第4番を使ってたけど、そういうのとかも似合いそうだなーと思いました。
 男性に似合いそうな曲を、女性の強さで演じたら似合いそうだなぁ。
 カルメンの最初の投げキスとか、結構好きだったんだけど。あの目力が素敵だと思えるようになってきました。
 あのトリノオリンピックあたりは、スケーティングも「どたー、どたー」という感じで好きになれなかったんですが、最近はとても美しくなってこられたなぁと思います。そして、その強さのある女性ってのが、安藤選手の美しさかなぁなんて思ったりするんですよ。

 ちなみに、私は中野選手の大ファンです。彼女の使用曲もツボなんだなぁ。今年は、ショスタコの「ロマンス」とか良かったですねー。あ、またそれも機会があれば。

聴いたCD

Saint-Saëns: Symphony No.3/Debussy: La Mer/Ibert: Escales

Saint-Saëns: Symphony No.3/Debussy: La Mer/Ibert: Escales

サン・サーンス:交響曲第3番
ドビュッシー:交響詩「海」
Escales (Ports Of Call)
演奏:ボストン交響楽団 指揮:ミュンシュ

サン・サーンスの第3番が聞きたくて購入した一枚です。
でも、海もいいです。Escalesもいいです。
かなり頻繁に聞いています。
第4楽章の冒頭がすごく好きですね。
ただ、最初金管がもったいない気がします。けっこう「うぎゃー」って思います。結構、荒い気もするし。途中からもところどころで「うーん」と思います。勢いは好きなんですが……もう少し丁寧な金管の演奏を探し中です。
第3楽章まではまだ丁寧に聞こえるんだけどなぁ。
(2009.8.31記)

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
2009年9月12日(土) 開演 18:00
【東京】サントリーホール
日本フィルハーモニー交響楽団第333回名曲コンサート
サン=サーンス :交響曲第3番 ハ短調 op.78 「オルガン・シンフォニー」
(2008-2009フィギュアスケート 安藤選手使用曲)
指揮/梅田俊明
演奏/福川伸陽(Hrn)  日本フィルハーモニー交響楽団
その他の曲/モーツァルト :交響曲第25番 ト短調  R.シュトラウス :ホルン協奏曲第1番 変ホ長調
料金/S6,500 A5,500 B4,500 C3,500 P3,000 Ys1,500 Gs3,500
詳細情報はこちら

       

2010年3月26日(金)開演19:00、開場18:00
【大阪】ザ・シンフォニーホール
大阪センチュリー交響楽団第149回定期演奏会
サン・サーンス:交響曲 第3番 ハ短調 Op.78 「オルガン」
(フィギュアスケート2008-2009安藤選手使用曲)
指揮/パスカル・ヴェロ
演奏/佐々木典子 (Sop)  大阪センチュリー交響楽団
その他の曲/モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より「愛の神よ照覧あれ」 /歌劇「ドン・ジョバンニ」より「ああ、この裏切り者から逃げなさい」/モーツァルト 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」より序曲 Kv.588 等
料金/A席:6,000円/B席:4,500円/C席:3,000円/D席:1,000円

フィンジ:ピアノと弦楽のためのエクローグ

一生側にいて欲しい曲を一曲だけ選ぶとするなら、私はこの曲を選ぶと思う。

聞いたことのなかったこの曲に触れた瞬間に、
私の中の全てのわだかまりが、手に落ちる牡丹雪のように消えていき、
張り詰めた思いは、涙になって流れていった。

そして、今も、私の中の一番の癒しになっている。
ストレスに押しつぶされそうになりながら帰宅する車の中で、iPodのプレイリストの「finzi」を選んでこの曲を選択する。
最初のピアノの音が降ってきたとき、体から力が抜ける。
車だから雑音と一緒に聞くのは本当はいやだけど、でも、この曲の響きの優しさに何度も救われてきた。

フィンジという作曲家は、おそらくマイナーで(プロ交響楽団でヴァイオリン弾いてた先生も、知らなかった)偶然がなければ未だに出会ってなかったかもしれない。
だけど、この世の中にこんなに美しく、悲しく、優しく、切ない曲があるんだなと思った。

早世したフィンジが、完成させることのできなかったピアノ協奏曲の一部を曲に仕上げたものらしい。
これがピアノ協奏曲だったらどんなものになっていたのだろうという思いを馳せる。

でも、ピアノ協奏曲にならなかったから、この響きなのだろうなと思うと、その美しさにさらに切なくなる。

前にも書いたけど。この曲を聴くと雨上がりの草原を思い浮かべる。じとじとした雨が上がって、雲の切れ間から光が落ちて、鮮やかな草原の緑に残る雨粒が、きらきら光るような風景。

この世界に悪いことなんて永遠に続かないんだよ。
いつか全て美しさに繋がっていくんだよ。

そんな感じ。
(2009.02.27記)

フィギュア・スケートは、引退したジェフリー・バトルが引退したシーズンに使用。見たかった・・・・・・。ジェフリー・バトルの選曲はツボですし、その演技も最高に感動するのです。

聴いたCD

Finzi: Nocturne; Severn Rhapsody; Eclogue; etc

Finzi: Nocturne; Severn Rhapsody; Eclogue; etc

1. A Severn Rhapsody Op.3
2. Nocturne (New Year Music) Op.7
3. I. Grazioso
4. II. Adagio
5. III. Allegretto Grazioso
6. Romance For String Orchestra Op.11
7. Prelude For String Orchestra Op.25
8. The Fall Of the Leaf, Elegy For Orchestra Op.20
9. Introit For Small Orchestra And Solo Violin Op.6
10. Eclogue For Piano And String Orchestra Op.10
11. Grand Fantasia & Toccata For Piano And Orchestra Op.38
オーケストラ: London Philharmonic Orchestra, New Philharmonia Orchestra
指揮: Adrian Boult, Vernon Handley
作曲: Gerald Finzi

「エクローグ」は、演奏:New Philharmonia Orchestra ピアノ:Peter Katin 指揮:Vernon Handleyです。今、一番よく聞くのはこの盤ですね。エクローグだけでなくて、他の曲もものすごくきれいでオススメです!!
それでもやっぱり私の中で一番はエクローグです。
(2009.02.27 記)

Finzi: Cello Concerto; Grand Fantasia & Toccata; Eclogue

Finzi: Cello Concerto; Grand Fantasia & Toccata; Eclogue

1. Concerto for cello & orchestra, Op. 40: Allegro moderato
2. Concerto for cello & orchestra, Op. 40: Andante quieto
3. Concerto for cello & orchestra, Op. 40: Rondo: Adagio-Allegro giocoso
4. Eclogue for piano & strings, Op. 10: Andante semplice
5. Grand Fantasia & Toccata, Op. 38: Molto grave-Allegro vigoroso
オーケストラ: Northern Sinfonia Chorus
指揮: Howard Griffiths

私が始めてであったのは、この中に入っている演奏でした。
何気なく聞いていた音の中から突然振って耳に入ってきたような。
一目惚れとかに似てますねー。初めて聞いた曲で涙が出たのは初めてですよ。
(2009.03.01 記)

モーツァルト:レクイエム ニ短調K.626

モーツァルトが死の前に気味の悪い男に依頼された「レクイエム」。「これは、自分のためのレクイエムじゃないだろうか」と恐怖におびえるエピソードが伝記でよく描かれます。

実際はどうだか知りませんが、その「レクイエム」にかなり昔から興味があって、ちょっと見かけたので手に入れてみたんですね。
これが、かなり私的なツボでした。
モーツァルトって、「とにかくあっかるい、からっから」見たいなイメージがあるんですけど、こういう曲を聞くと「天才だ」と思います。
実際には完成する前にモーツァルトは亡くなってしまうので、「完成しなくちゃお金がもらえない」と妻が頼んで弟子が続きを作ったそうですけど。
それでも冒頭は、モーツァルトの作、鳥肌です。

(2005.11.27 記)

安藤美姫選手の2009-2010シーズン、ショートプログラムに使用された曲です。安藤選手は、こういう悲劇的で濃い曲がとても似合うなぁと思いました。ステップ前の祈りのポーズがツボですね。

(2010.10.04 追記)

 

聴いたCD

モーツァルト:レクイエム

指揮: カルロ・マリア・ジュリーニ
演奏: フィルハーモニア管弦楽団

仕事で集中できないとき、これ聞きながらやってることが多いです。いつのまにか、集中できてます。
荘厳ですよね。でも、聞きやすい。
綺麗だし。違和感ないし。私は好きです。
(2005.11.28 記)

 

モーツァルト:レクイエム

Requiem指揮: フランス・ブリュッヘン
演奏: 18世紀オーケストラ
Mona Julsrud (ソプラノ)
ウィルケ・テ・ブルンメルストローテ (アルト)
Zeger Vandersteene (テノール)
Jelle Draijer (バス)
オランダ室内合唱団

1998年、東京芸術劇場のライブです。
いつも聞く、上のCDよりも拍が強い感じがします。
(2010.10.04 追記)

 

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。
探し中です。