カテゴリー別アーカイブ: まさかのジャケ買いCD

プーランク/ラヴェル/ビーバー/J.S. バッハ:ヴァイオリン作品集(ウィジャヤ)

プーランク/ラヴェル/ビーバー/J.S. バッハ:ヴァイオリン作品集(ウィジャヤ)【まさかのジャケ買いCD】
また、イケメンをチョイスしてしまった……。

この憂いを帯びて、髪が風にあおられているヴァイオリニストのイスカンダル・ウィジャヤ。どんなシチュエーションやねんと少々つっこみを。
そして、amazonのCD詳細ページで見ることのできる裏ジャケットも素敵な写真でした。私は、裏の方が好き。

CDのほうは、ラヴェルの1楽章が一番好きだなぁと思いました。きらっきらしていて。ラヴェルがもともとキラッキラしているからだと思うんですが。

そして名前が。イスカンダル。二度見して、「ヤマト……」。もう忘れません。

【CD情報】
フランシス・プーランク:ヴァイオリン・ソナタ FP 119
-Francis Poulenc (1899-1963):Violin Sonata, FP 119

モーリス・ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ ト長調
-Maurice Ravel (1875-1937):Violin Sonata in G major

【ヴァイオリン】イスカンダル・ウィジャヤ – Iskandar Widjaja
【ピアノ】アナスタシア・ドランチュク?-Anastassiya Dranchuk

ハインリヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビーバー:パッサカリア
-Heinrich Ignaz Franz von Biber (1644-1704):Passacaglia

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004 – 愛5楽章 シャコンヌ
-Johann Sebastian Bach (1685-1750):Violin Partita No. 2 in D minor, BWV 1004: V. Ciaccona (Chaconne)

【ヴァイオリン】イスカンダル・ウィジャヤ – Iskandar Widjaja

ベートーヴェン:交響曲(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

【まさかのジャケ買いクラシック】
先日取り上げたロジャー・ノリントン氏のベートーヴェンの交響曲第1番と第2番のジャケットが素敵だったのですが、どうもこれシリーズっぽい……。

ベートーヴェン:交響曲第1番, 第2番(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」, 第4番(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」, 第6番「田園」(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)ベートーヴェン:交響曲第7番, 第8番(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

 

交響曲第1番のジャケットが一番素敵だなぁ……。

今、第7番までは聞いてみたんですが、やっぱり初期のほうが素敵な演奏だなと思いますv

ロジャー・ノリントン氏、モーツァルトの交響曲CDも結構素敵です。次は、それを紹介したいなぁと思います :-D

ピアノ協奏曲第1番、第2番(プリマコフ(p)、P・マン&オーデンセ響)

Primakov Plays Chopin Concertos【まさかのジャケ買いCD】
ショパン:ピアノ協奏曲第1番, 第2番
ピアノ:ヴァシリー・プリマコフ – Vassily Primakov
演奏:オーデンセ交響楽団 – Odense Symphony Orchestra
指揮者:ポール・マン – Paul Mann

ただでさえ、イケメンなのに、このとても狙ったようなすばらしい角度。何かを請うような表情。
思わず手に取るでしょう、これは。クラシックのCDとの出会い、こういうのもありだと思います。
個人的には、こういう感じのジャケットが、もっとあってもいいと思います(ミーハーだから :oops: )!!
他のジャケットもなかなか良かったですが、このジャケットが私的に一番のツボです。
最初は、「狙いすぎやなぁ」と思ったんですが、じわじわとツボに来ます。

演奏ももちろん 続きを読む

ホロヴィッツ/コンプリート・レコーディングス・オン・DG

【まさかのジャケ買いCD】
蝶ネクタイだけ!!しかも赤に白の水玉。かわいい!
というのに驚いてしまった。そして、それが私でも知っているピアニスト、ホロヴィッツ氏のCD集!

遊び心とホロヴィッツ氏への親しみに近い愛情を感じる・・・。

日本だとこんな蝶ネクタイを強調されるの、フジの軽部アナウンサーぐらいじゃないのか。
軽部アナウンサー、「めざましクラシック」とかでクラシックに若干かかわってるから、日本だと誤解されないかとかふと思いました…。余計な心配です。

ホロヴィッツ氏のCDジャケットを見ると、蝶ネクタイとボウタイ。蝶ネクタイが若干多いかなと思いました。
なんか、こういうところに着目して、「蝶ネクタイ愛用者」とかいう見方もすると、CDでしかしらない亡くなられたピアニストさんにも、人の温かさや親しみを感じることができておもしろい感覚がします。

アダージョ・カラヤン

アダージョ・カラヤン初めての「まさかのジャケ買いCD」は、やはり私の「ジャケ買いクラシック」の原点「アダージョ・カラヤン」を。といっても、めったにジャケ買いなんてしないですけど。
クラシックのCDって「デザインより中身!」みたいなところがあるんですけど、たまにすごーくひかれるデザインのCDがあるので、取り上げてみたいなと思いカテゴリーを増やしました。

このCDとの出会いは中学生から高校生にかけてのころ。

クラシック音楽に憧れていた私は、今は無き地方デパートのCD売り場でこのジャケットに出会ったのでした。

幼稚園のころから「渋好み」だった私は、このジャケットに掲載されているおじさまのかっこよさにノックアウトされ、メジャークラシック好きの父から「カラヤン」とか「中村紘子」とか、植えつけられていたので「カラヤン」という名前に即座に反応。

これなら買ってくれるかもしれないという確信を持って、父に買ってもらったのでした。

それから「アダージョ・カラヤン」はシリーズ化しましたが、「2」までしか買わなかったですね。

自分は吹奏楽でホルンを吹いていて、ホルンがうなるような交響曲が大好きだということに気づきだしたからなのでした。

それでも、カラヤンさんの繰り広げるアダージョな曲というのは、本当に美しくて。美しさを求めたらまずはずさないなぁなんて思います。

マーラーの第5番のアダージョや、亡き王女のためのパヴァーヌ(これは2かな)は本当によく聞きました。