タグ別アーカイブ: スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

スクロヴァチェフスキ指揮&ザールブリュッケン・カイザースラウテルン ・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
2011年10月21日(金) 19:00開演
会場:ザ・シンフォニーホール
指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
管弦楽団:ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
◆ モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
◆ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」

読売日本交響楽団の正指揮者としてのラストコンサートから、もう2年ぐらい経ちましたね。
あのブルックナーの第8番を、「ラストだ」と胸に刻み込みましたが……だってザールブリュッケン(前に聞きに行った時以降合併、ずいぶん長い名前になられました……)と一緒に来日するんだっていうから、しかも大阪で公演してくれるっていうから!!

大阪に…いや、日本に来てくれてありがとう!!みなさん!!

ってことで、行ってまいりました。

今回はちゃんと余裕をもって準備しようと余裕を持ちすぎて、開場20分前についてしまったのですが、もう既に外で待っておられる方々がいらっしゃいました。
その中で、おなかがなるといけないからとコンビニで買ったおにぎりを黙々と食べていたのは、私です。

6時開場。ステージはリハということで、席にはまだ入れませんでしたが、ロビーにいるだけでワクワク。
ああいうところってちょっと高級感あって、いるだけで非日常的ですね。シャンパンとか飲んだら最高だったのでしょうけど、帰りは車ですから我慢我慢。

早めに席について、ぼーと。目をつぶってちょっと寝てみたりして待ちましたとも!体調万全です!!

もう、みなさんステージに入ってくるのを見るだけでワクワク。
そして、2年ぶりのスクロヴァチェフスキ氏!! それだけで涙がじわっと。
お年を召されたなぁ・・・。だって88歳だもの。でも、お元気そうでよかった。 続きを読む

スクロヴァチェフスキ氏 2011年来日!

(2011.1.12 初出 2011.5.31訂正)

私の敬愛するスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ様が、2011年10月にザールブリュッケン放送交響楽団(今は、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団)と共に来日!!

福岡・東京・そして、大阪!! いやっほーい!

大阪は
【日付】2011年10月21日(金)19:00より
【場所】ザ・シンフォニーホール
モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 『ジュピター』
ブルックナー:交響曲 第4番  変ホ長調 『ロマンティック』です。
めちゃくちゃうれしい・・・。
詳しくは↓
http://www.kojimacm.com/digest/111021/111021.html

福岡は
【日付】2011年10月17日(月) 19:00より
【場所】アクロス福岡シンフォニーホール
シューベルト:交響曲 第7番「未完成」
ブルックナー:交響国 第9番
http://www.acros.or.jp/r_event/sponsor_detail.php?event_id=3511

です!

東京オペラシティは以下でご確認くださいませー!
東京オペラシティのコンサート情報

チケットはお早めに!

やったー!!大阪ー!!

参考ページ

スクロヴァチェフスキ氏がベルリン・フィルの定期演奏会に!

ちょうどその情報を知る前の夜に、スクロヴァチェフスキ氏がウィーン・フィルやベルリン・フィルを指揮したらどんな響きになるんだろうと思っていたところでした。

ザールブリュッケンだって、読売日本交響楽団だって素敵だけど、でも、世界最高峰と謳われるオーケストラだったらどんなか、って、やっぱり想像ぐらいはしちゃうもの。

でも、なんで指揮に呼ばれないのかな。こんなにすごいのに。なんて思ってたら、とうとう!!

来年の5月ですが、スクロヴァチェフスキ氏、とうとうベルリン・フィルの定期演奏会に出演です! 続きを読む

スクロヴァチェフスキ&読売日本交響楽団

mixiからの転載ですが、こっちに日記を書いてなかったので記録用に・・・。

サントリーホール。
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏指揮。
読売日本交響楽団。
ブルックナー交響曲第八番。

実は、直前になって東京まで行きたくなくなってきて、すごく気が重くなってしまいました。

でも、やっぱりサイコーでした。
第二楽章は正直、あれ?っと思ったんだけど、その後、チューニング挟んで第三楽章がすごく良くて。
一瞬、光が見えました。

音楽の本質は、祈りだと思いました。
辛くても、意味がわからなくても、生きていかねばならない人たちの、人たちへの祈りの塊かなと思いました。
光が見えて、あーもうしばらくこの世界に居させて下さいと思いました。
たくさんパワーをもらいました。希望がありました。祈りと優しさがありました。

観客の人たちも最高の時間を作りだそうとしている時間でした。

演奏終わった後も、マエストロが手をおろすまで、余韻を破る人はいませんでした。

常任指揮者として最後の演奏会。
拍手はずっと続きました。
今日の演奏への感謝と、今までの感謝をこめて拍手しました。

私の中で一番の指揮者です。
マエストロのことを知った、あの偶然の日を心から感謝します。

しばらく東京は、いかないかなと思ったけど、マエストロが来日されたらまた行きます!

大好きです!

スクロヴァチェフスキ&読売日本交響楽団「名曲シリーズ」in兵庫

4210911323_20090424141030.jpg読売日本交響楽団名曲シリーズ
2009年9月17日(木) 19:00開演
会場:兵庫県立芸術文化センター
指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
管弦楽団:読売日本交響楽団
◆ バルトーク:管弦楽のための協奏曲
◆ ラヴェル:スペイン狂詩曲
◆ ラヴェル:ボレロ

兵庫県立芸術文化センターの2階の左右の席って案外いいです。
ちょっと斜めになっていて、一人ひとりのスペースがちゃんとある感じ。

さて、兵庫まで来てくれてありがとう、スクロヴァチェフスキ!
ってことで、行ってまいりました。

ちょっと感想書くまでに時間があいてしまったので、記憶が薄いです……。

バルトークはCDを持っているので、なんとなく想像できるんですが、ラヴェルは全く想像がつきませんでした。
スクロヴァチェフスキというと、私的には緻密な積み重ねというイメージがあります。
だから、何をやっても新たな気持ちに出会えるとは思うのですが。

ひさしぶりの管弦楽は、やっぱりとてもよかったです。
バルトークの管弦楽のための協奏曲、最初の弦の音でテンションあがりました。

途中、ちょっと、管と弦の間で「んー」と思うところがありました。
特に、クラリネットが……いや、なんか、一番ひっかかりました。すべての演奏を通してですが。ハラハラするというか。
管と弦が交わって一つというよりも、なんか、別々にわーっと仕上がってる感じがして、なんかもやもやするなぁと思いながら聞いていました。

今回の演奏で一番の収穫は「ヴィオラ」だったかもしれません。
管弦楽のための協奏曲って、あんなに「ヴィオラ」がいいのかー!と。
地味な印象がある「ヴィオラ」ですが、すごくいい仕事してるんだなぁと思いました。

まぁ、もやもやしつつも、フィナーレはさすがでした。

スペイン狂詩曲は、とても色っぽかったです。
ラヴェルというと、華やかで官能的で色彩豊かなイメージがあります。
その中で、なんというか、この微細なところで色っぽいというか……。
不思議なことに「色彩豊か」なイメージより「大人だー!」というイメージが強い演奏に感じました。

読響は、トランペットがいいですね! かっこよかった!

さて、ボレロですが……。
もう聞きなじみありありの曲ですが、生は初めて!
どのフレーズをどの楽器がやってるのかとかがわかって、非常におもしろかった。
「え! あれ、ホルンだったの!?」とか思ったり。
しかし、ホルンにはしんどい音域で刻みが入るんですね。すごー!こわー!とか思っちゃうのは、やっぱり自分がホルン吹きだから。
そういう意味では、あんまり純粋に楽しめなかったかもしれません。
各楽器によって「あれ?」って思っちゃう演奏が入っちゃったのは残念だったけど、サックスめっちゃかっこよかったし、もう最後の最後の大盛り上がりは我を忘れそうになるぐらい楽しめました。

あーやっぱり生演奏はいいです!

そして、スクロヴァチェフスキ氏の作る音楽の世界で、いつも新たな発見をさせてもらうのは本当に楽しい。
あ、あそこでこんなフレーズが!っていう発見と、そのフレーズが聞こえることによって広がる新しい風景。
それが、やっぱり好きなんだなぁと思います。