タグ別アーカイブ: ベートーヴェン:交響曲第7番

「のだめカンタービレ」第02巻(二ノ宮知子)

のだめカンタービレ (2)
音楽を、人を尊敬してて それが自分に返ってくる 本物の巨匠なんだ――
by 千秋真一(Lesson12)

簡単なあらすじ

千秋と仲良くなってきたのだめの前に現れたライバル・奥山真澄。
千秋を巡っての(勝手な)対決は、どっちが早く千秋とクリスマス・デートの約束をするかになっていき・・・・・・。
のだめに出会ってから、周辺に変人が増えてきた千秋だったが、今度のだめが連れてきたのはドイツ人。
どんどん国際化していく変人集めだったが、そのドイツ人、実は・・・・・・。

感想

『のだめカンタービレ』に出会ったきっかけは、本屋に積み上げられた第6巻の表紙。
ホルンをもつのだめの姿に、これは一体なんの漫画だろう?と思っていたのでした。
そのとき既に『のだめ』は8巻まで発売されていました。
ためしにと1・2巻買ったのですが、1巻のあまりのおもしろさに、一気に8巻まで大人買いしてしまいました。

たまには、このクラシックレビューのきっかけとなった漫画や映画のレビューもつづってみようかなーと思います。
まずは第1巻から!

Lesson1

すっげーデタラメ・・・・・・これじゃ《悲惨》だ。  by 千秋真一

今読むと、Lesson1って超短いですね。そして、絵が「天才ファミリーカンパニー」からの続きって感じ。
漫画家さんって、やっぱり描いているうちに上手になっていくんですね。

のだめの「フーンフーン・・・・・・猫のフン」とかいう自作の歌は、アニメ版よりドラマ版のほうが全然好きです。アニメ版は「悲愴」のメロディに載せただけで、のだめらしさが全然なかったです。

さて、Lesson1やっぱり注目すべきは見開きいっぱいののだめの部屋でしょうか。
きっと、この状態を見て「見覚えがある」とか思っちゃう時点で駄目なんやろなぁ・・・・・・、私。

Lesson2

カンタービレ!《歌うように》 by 千秋真一

あの缶から虫のインパクトほど強いものはないですね。
この前、うちの会社のリフレッシュスペースがそれに近かった。小蝿が多いなぁとおもっていたら、発生源はやっぱり「缶」でした。
ミルク成分が強いとまずいのか。のだめの場合はジュースの「糖分」か。

のだめの「うっきゅっきゅ縲怐B昨日のことおぼえてましゅか縲怐vという台詞、大好きなんですが。アニメでは「おぼえてますか縲怐vでしたね。かなりがっかりしました。あれは「ましゅか縲怐H」でなくては。

「おなら体操」は最高ですね。私、ドラマのあの江藤先生のダンスがかなり好きです。あの俳優さん、素敵・・・・・・。
谷岡先生の「じゃあもう一回。通してやってみよう」というときの、あのキラーンと光る眼鏡とぎゃははははという笑い声のギャップがかなり好きだったりします。

千秋先輩、のだめの部屋を掃除しますけど、あれだけの散らかりようを1日で掃除してしまうとは、なかなかのやりてだなと思います。私には無理です。

Lesson3

発奮!! by 野田恵

この回は、千秋先輩に髪を洗ってもらうとことか、大好きなんですが(あれ、いいなー。人に髪を洗ってもらうのって、気持ちいいんだよね縲怐j
千秋先輩の回想の言葉、演奏をするたびに思い出します。
「身震いするほど感動する演奏が出来るのは本当にまれだって。オレはそんな瞬間を夢見ながら昨日まではあきらめてた」

これは、毎回毎回合奏を終えるたびに思います。
私が身震いできる演奏と千秋先輩の身震いする演奏とはレベルが違うだろうけど、私にとっての身震いできる演奏ってのにはなかなか出会えない。
今の楽団では、指揮者はただテンポを取ってるだけ。みんな好きに吹いてるだけ。
その指揮者のテンポだって、全然ばらばらで、合奏する度にイライラします。
たしかに、細かいところまで音の配分考えて音の処理を考えて、つきつめてつきつめて演奏するのはかなりしんどいと思うんですよね。
でも、そうしてがんばって合奏したときの感動ってのは、本当得がたいものです。
いつだったか、本当にいい演奏が出来たとき、感動して身震いしたことがあります。
仕事が忙しいとか、なかなか練習できないとか、指揮者がむかつくとか、いろいろあるけれど、それでも演奏をやめないのは、あの本の一瞬でも感じる身震いを忘れられないからだと思います。

だから、あの千秋先輩の思い、なんとなく分かる気がするんですよね。

んで、これを見るたびに「もっと練習しよう!」って思います。合奏、大好き!

Lesson4

平凡! 平凡! みーんな平凡! by 峰龍太郎

でた。峰君。
アニメでは「ナカタ?」という台詞が削られてましたね。時代でしょうか・・・・・・。
「オレ 30曲作ってあんだ」という台詞に、いつも突っ込みたくなる(笑)

「呪文料理!」「アンブレーラ!」「救世主!」の三セットは時々胸の中で叫んでしまいます。
のだめって、ああいうテンポうまいよね。

しかし、千秋先輩ってかわいいですね。
あの、のだめに夕飯裏切りされたとき、ご飯作る気力もなくまずいコンビニ弁当買っちゃうところなんか。
すねてるんだなぁ・・・・・・。
やっぱりなんやかんや言って、優しいですよね。千秋先輩は。

Lesson5

「光る青春と喜びの稲妻」――かなv by 峰龍太郎

いつも思うんだけど、まきちゃんって、のだめに物を与えているんだろうか。
買ってきてやったわよー!って。
放っておけないんだろうな、とは思うけど。いい子だなぁ。

さてさて、私はこの回のとあるシーンがツボにはまって、のだめの世界に引きずり込まれたのです。
「む・・・・・・ムラムラしますか」と、次のコマのテンポが大好きです。
何回読んでもふきだしてしまう。

そして、毎回毎回思うのが、
千秋先輩の膝枕いいな縲怩ナす。
男の人に膝枕してもらうって、なかなかこう・・・・・・いいですね(笑)。
かつ、あの手で頭を撫でてもらう!! いやー、なんて羨ましいシチュエーションなんだ、のだめめ。
ああいうシーンを見ると、やっぱり千秋先輩って幼少の頃はヨーロッパな人だなぁと思います。
のだめ、殴ってるけど(笑)基本的に、フェニミスト? そして、紳士ですよね。

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 op.92

「のだめカンタービレ」の第2巻・9巻より、千秋先輩にとっては「節目」の曲、ではないかと思います。

第6番から3年おいて取り組まれた交響曲です。ナポレオンが軍事独裁を推し進めて、貴族たちが破産していった大変な時期だそうです。ベートーヴェンも交響曲をつくってる場合じゃなかったんだろう・・・・・・とはCDレーベルからの抜粋です。

この3年間の間、ベートーヴェン自信の生活にもいろいろと暗いことがあったそうです。んだが、その割には第7番はとっても明るくて楽しい曲だなぁと思うんですね。

第5番『運命』では、苦悩から歓喜へ。絶望から勝利へ!と言った、ドラマティックさを感じたのですが、この第7番ではそういう「ドラマ」は感じないんですね。
私の中にあるベートーヴェンの印象って、『運命』といったような「精神的重み」のイメージが強いんです。だから、この曲を最初に聞いたときは「ベートーヴェン?」って思いました。

リストが「リズムの神化」、ワーグナーが「舞踊の聖化」、と言ったということは、どんな解説書でも目にする言葉です。ワーグナーはリストのピアノ編曲にあわせて踊ったということですから・・・・・・そういうシーンを想像するとおもろいなぁ・・・・・・。ワーグナーは思ったよりも面白い人だったのかなぁ。

私自身はその「神化」だとか「聖化」だとかいうのはよくわかりませんが、とても楽しくなるんですよね。特に第1楽章とかは、ワクワクします。とくにホルンが目立ってるところの響きが。本当に楽しい。第4楽章の弾み方とか、本当に楽しくなる交響曲だなと思います。

私はそれこそ「ずどーん!ずどーん!」という暗さのある交響曲や、ものすごいかっこいい交響曲が大好きなのですが、こういうあっかるい交響曲もいいですね。いかん・・・・・・やっぱりなんか聞いててにんまりしてしまうわ。

そして、終わった瞬間に思わずグッと拳に力を込めてしまうんだなぁ。よい。よいね。聞けば聞くほど好きになりそうです。

(2005.3.20記)

 

聴いたCD

ベートーヴェン:交響曲第5&7番

ベートーヴェン:交響曲第5&7番

指揮: カルロス・クライバー
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

第5番を聞くために買ったものですが、第5番の方は好みじゃないので第7番ばっかり聞いてます。
この前、ラジオで第7番を他の指揮者で聞きましたが、けっこうぬっぺりしていて退屈でした。
こちらの第7番はそれよりもイキイキしていて、音も綺麗で、とても好きです。
(2005.3.20記)

 

 

コンサート情報

情報変更の可能性があります。必ず各楽団・各ホールのHPで情報をお確かめ下さい。

探し中です。